FC2ブログ

オヤイデ電気製電源ケーブル・キット(ONTOMO MOOK)


音質アップを狙うなら電源環境を改善せよ!: 特別付録:オヤイデ電気製電源ケーブル・キット (ONTOMO MOOK)


オヤイデさんとこのケーブル組み立てたのは10年ぶりくらいになるのではないでしょうか。
このブログ立ち上げ時は何本作ったことか・・・
気がつけば自宅システムにオヤイデ製の電源プラグ、インレットは殆どなくなっていました。
(線材は愛用させてもらってますが)
今回は単身赴任システムのテコ入れのため、このセットを入手してみました。

これが予想以上に良かったです。使った場所はNmode X-DU1 DAコンバーター。このDAC、素性は非常に良いものの、電源ケーブルで変わりすぎて扱いが難しい側面がありました。
無メッキのプラグと素材の組み合わせの良さが出たのか、色付けが少なく音抜けがアップする感じ。ケーブルが適度な細さになったのも良かったのか、一昔前のオヤイデケーブルにありがちな低音の立ち上がりが遅くなる感じもありません。
この価格でしたら、とてもおすすめではないでしょうか。

是非ともこの線材をショップで切り売り販売して欲しいですね。お安く!

iFi-Audio iPurifier DC2

最近、X-PM100のバージョンアップで空間表現が恐ろしくグレードアップしたため、前段機器が気になりテコ入れ開始。
リリースされたばかりの新製品を試してみました!
他にも色々ありますが、順番に公開して行きます。

今回の使用箇所はSqueezebox touchで、再生プレーヤー部分になります。
結論から言うとバージョンアップする意味はありました。僅かながら背景は静かになります。
前モデルは中域にエネルギーバランスがあるように感じましたが、今度は両軸へ音が素直に伸びた感じです。いわばハイレゾ音源的なアプローチのように感じました。実際、44.1kの音源とハイレゾ音源との差が縮まった気がします。

PCサーバー周りには旧型を大量に採用していますが、それらのバージョンアップは今の所しない予定です。
予算的な理由が主ですが、旧型でもノイズ軽減効果は劇的なので十分かと。
実は浮いた1台をPCサーバー(intelnuc)に使用中の1台に増設、数珠つなぎにしたらこれが強烈に効きました!PCにはダブルですね。買い増しは意味があったようです。
オススメです。




FX-AUDIO- FX-502J

あけましておめでとうございます。今年の初投稿です。

IMG_0185.jpg


FX-AUDIOの新作、TPA3116搭載50W×2ch プリメインアンプです。(下が1002J+)
早速入手しました!
今までLE8Tを1002Jで駆動していましたが、高能率ゆえに出力が余りまくり、以前気にならなかった残留ノイズが気になるなどがあったため、新作を試してみることにしました。
前段の回路もシンプルだし、出力も抑えられて今回の用途にぴったりではないかと調達してみましたが大正解でした。


このアンプを駆動しているのが・・・

DSCF3340.jpg

そう、昔ルビジウム電源用として自作した電源ユニットです。やはりスイッチング電源とは比較にならないレベルでした。
アンプ本体よりコストかかっているしw 存在感もスゴイ

(追記:502はややクッキリした音。逆に1002には余裕があります。気分で切り替えています)

デスクトップの箱庭

IMG_0001.jpg

なんだか妙な写真ですみません。狭いところに置いているのでこんな風になっています。
実は工作用作業テーブルの上です。

元々ここには、アンプの動作確認用にどうでもいいようなSPがいた場所ですが、先日のSV-23D完成とともにハイファイスピーカーが欲しくなり、DALI ZENSOR PICO-SEゲットしました。吉田苑さんのモディファイモデルになります。選択の条件は以下です。

1.奥行きは絶対に20cmを超えないこと。できれば15cm。
2.価格は5万円を超えないこと。
3.能率は85dB以上。真空管アンプで鳴らしたい。
4.天板が平らであること。(すみません、こんな置き方で)
5.設置場所に左右されそうな空間型スピーカーは避けたい
6.スピーカー端子はボディの外に飛び出さない。(壁につけて設置したい)

これだけでも条件は厳しく、他に候補として上がるのはIMAGE11 KAI3くらい。ただIMAGE11は過去に所有したことがあるため、今回は見送り。用途からするとPICO-SEはやや価格的に高めに感じるところもありましたが、ネットワークのパーツや箱の強化を行ったということでこれに決定しました。

肝心の音ですが、これが素晴らしい!テーブルの上だと十分すぎるほど低音が出ます。下まではさすがに伸びないのですが、聴感上は殆ど気にならない感じです。逆に深夜でも楽しめるように、下に伸びないのが今回の目的なので条件にピッタリといったところ。DALIらしく低音はエッジが丸く優しい印象で、それが逆にスケール感として感じられて良いです。高域は素直に伸びておりハイエンドモデルのような上品さがあります。

球アンプで小型スピーカー、しかも豊かに感じる低音。なかなか得難いバランスです。

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Mac mini + Audirvana → Soulnote D-2 → Soulnote A-2 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch

Nmode X-DP10
Phasemation EA-300
Yamaha GT-2000

WE396A 自作真空管バッファアンプ

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
LUXMAN CL35MK3
LUXMAN MQ-360
MEG ME25
LE8T + SANSUI SP-50
Logitech Squeezebox touch
Technics SL-1200MK3D


インターコネクト:
mogami 2534
Soulnote SBC-1

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz
Canare 5CFB

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





高コスパです。基幹、上流にオススメ


ニュートラル傾向やや中域太、高S/N


間違いがないオーディオグレード品


個人的にこれを超えるバナナはなし!


効きすぎ注意。お勧め!


安定のクオリティ











月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード