モニターサウンドはのっぺりしているのか

随分前から持っていたギモン、「モニターサウンドはのっぺりしているのか」ですw
まさにどうでも良いネタですが…

オーディオ雑誌などで理解を超えた立体感のない音が出たときに「モニターサウンド」という言葉が苦し紛れに出てくる傾向があるようですw 自分もファイルウェブで日記を書き始めた時にうっかり使ってしまったような気がしますが、ここは落ち着いてモニターサウンドについて考えてみます。

基本的な考え方としてはミキサー卓の前にあるスピーカーから出てくるサウンドのことを指すのでしょうか。確かに検聴用ということではあまり色づけが強いものは好まれないのは事実でしょうね。
ただこのモニターに使われるシステムには、それ以外にも最も重要なニーズがあると思います。それは長時間聴いても疲れが少ないこと。そしてやはり続けて聴きたくなるような音であれば、作業する上でこの上ないということになります。

じゃあ、今度はスピーカーを例にモニターとして評判の良かった機種を具体的に挙げてみることにします。

1. Rogers LS3/5
 これは真空管マニアにも熱烈なファンが多いBBC指定のモニタースピーカーの原器ですね。
2. YAMAHA NS-10M
 これは現在もコンソールの上にちょこんと乗っかっている標準機ですね。かなりフラット傾向ですが、人の声が大変ナチュラル。
3. JBL 4343
 マッキントッシュとの組み合わせが定番。一昔前の名機ですね。
4. Exclusive model 2402, 2401
 古参の名機ですね。
5. B&W 800D
 アビーロードスタジオにも納入実績のあるスピーカー。日本のハイエンダー向けに最も納入実績のあるメーカーの王道サウンドです。

オーディオマニアに馴染みのあるものを例に挙げてみました。これらを否定しちゃったら何も始まらないラインアップ。
ビートルズが録音していた頃のアビーロードのメインモニターはアルテックだったという話もあるわけで、モニターサウンドを否定しちゃったらこの先どうするという感じです。
実際、モニターといっても案外個性的な音の特長を持つスピーカーが多いのも事実ですね。

ケーブルの解像度について

なんだか嫌われそう?なのであんまり書けないでいたんですが、また少し問題提起してみようかと思います。

よくハイエンドケーブルの解像度なんていいますが、それって昔は信用していました。
お金をかけると増えてゆくような…
最近の自分の持論は「エネルギー一定の法則!!」

解像度は失われることはあっても増えません!
その絶対量は機器のポテンシャルにより決まっており、様々な設置の要因より減ってゆく傾向があります。それは基本がアナログ接続だから。

ちゃんと管理してあげればハイエンドでなくても解像度はしっかり得ることができます。その方が録音に忠実と言えます。
本当の高解像度とは圧迫感のない普通の音だと思います。
(商品によって増えたような錯覚を呼ぶ高額アクセサリーがあるのは事実だと思います。導入によって特定の音楽ジャンルが鳴らなくなったとしたら、やっぱり情報量が欠けている可能性があります)

すみません…、また愚痴ってしまいました。
忘れてくださいw

ケーブルの太さに関する考察

なんだか疲労も手伝って吠えまくってますが、たまにはお許しを。
実際これだけの辛口を書いている人もネット上に少ないですしね。

前から一度話題にしてみようと思っていたケーブルの太さについての考察です。
オーディオグレードを称するケーブルの殆どが高音質を謳い、ぶっといケーブルに豪華な装飾。数万円の予算を割いてもらうためのエクスキューズにも見えます。そういう状況もあって「太い=高音質?」的な発想が根付いてきたようにも思います。

まず、当たり前なことを整理しておくと、

1.太いと電気が多く流れる?
 繋がっている先が道路工事で使うような重機だったらそうだと思いますが、一般家庭のオーディオ程度では消費電力から考えて、その電気的なポテンシャルを使い切ることはないでしょう。

2.「100Vの電圧がかかるのだったら、見た目に太くないと不安だ」
 家庭で電気を食いそうなものといったら、掃除機やドライヤーがあります。掃除機は結構太めのケーブルを使ってますが、オーディオ用のものよりは細いです。使い終わるとケーブルがやや過熱していることがありますが、発火に至ることはないです。ドライヤーを使って部屋のブレーカーが落ちたりするのは誰もが経験することですが、そのケーブルは驚くほど細かったりしませんか?つまり、大概のオーディオ機器においては並行平型ケーブル程度の太さがあれば電気的に足りると思われます。


こうやって整理して考えてみると、その太さはいうまでもなく音質的なチューニングのためだけのもの、ということになります。じゃあ、太いと一般的にどんな音がするでしょうか。

1.中低域へバランスが下がってくる。肉付きが良くなる。比較的小型スピーカーでも量感が出ることがある。
2.上記に従って高域が控えめになってくる。
3.音の立ち上がりはやや犠牲になってくる。トランジェントと言われる部分。

いずれも静電容量の増加に伴う音質変化と思われるものです。メーカーは1の利点を生かしつつ、2,3のデメリットをフォローしようと考えるでしょう。
例えばオヤイデのケーブルを例にとると、プラグのメッキと高域にエネルギーのあるPCOCC-A線材との組み合わせで絶妙なバランスを取っているようです。パラジウム系のメッキは低音エネルギーがやや控えめになる傾向があるようなので、極太ケーブルの低音を微妙にコントロールすることが可能です。またパラジウム系は美音系で高域のエッジを丸める傾向があり、多くの人はこの傾向を好ましく感じるのだと思います。また海外極太ケーブルの場合も、それに代わる様な対策(ネットワークなど)をして低域だけになりやすいエネルギーバランスを巧妙に持ち上げていると思われます。
(しかしながら、3についてフォローできているケーブルは皆無と思われますが…)


ここで、もう一度考えてみました。
音が太く感じる要素って…何?


それはずばり「滲み」でしょう。
それを分かりやすく捉えるために、鉛筆の先端に例えてみます。滲んでいる状態とは太く丸くなっている状態とも言えます。太いだけだと細かい字が書けません。そこで多くのオーディオ用ケーブルは太く書いた鉛筆の線の中に、Hの尖った鉛筆で書いたような線で濃淡をつけようとするわけです。これはかなり巧妙なテクニックです。

それがうまくゆけば良いわけですが、音の入り口から出口までの複雑な経路においてそれを維持するのはかなり困難であり、場合によっては太い鉛筆でただただ重ね書きしているような状況にもなりかねないようです。

またもうひとつの例えとして、その鉛筆の筆圧を音のトランジェントとしても分かりやすいです。柔らかい鉛筆だと太くて濃厚な線が書ける代わりにその強弱を表現するのが難しいです。硬い鉛筆だと濃淡は出ますが、太い線が書けません。

やっぱり理想は適度な太さの鉛筆で適度な筆圧で書くこと。ただ紙(機器)の状況でどの鉛筆が最適かは変わってくると思われるので、まずはその特性を把握し、合わせて太さをコントロールする方針でゆくというのが好ましいと思えます。


至極当たり前のことですけど、見失いやすいことだと思います。そういう理屈を超越して万能を謳う商品の売り文句。その誘惑に勝つのは至難の業かも。(いや、反省)

影響度の高いものって・・・地味系のススメ

連続勤務、しかも夜勤ばかり。へこたれてます。
またも、少しまとめモード。

電源系アクセサリーのどれも変えても変わるのは既に周知の事実ですが、やっぱり要になるもの、それはまさしく壁コンです。
その影響度は強烈で、その後のアクセ選択の行方を殆ど握っているといっても過言ではありません。同じケーブルで評価が大きく違ってしまったりするのもこれが原因の一つと考えています。

freestyle的には過去への反省を含め、以下に該当するパターンはちょっと…。

1.繋いだ瞬間に激変するタイプ
 恐ろしく高域が出たり、低音が出たりするタイプです。「うちのシステムは低音出ないから…」と言ってやっちゃうパターン。間違いなく後で苦労します。低音が出てくると高域が物足りなくなってくるはず。これらは相反する要素で、打ち消してOKというのは殆ど不可能に近いと思われます。

2.聴いたことも無いメッキで値段が異常に高い
 魔の手にハマるパターンです。聴いたことのない音がして最初満足すると思いますが、後で飽きる可能性が高い。一つのCDが新鮮に聴けても、昨日まで楽しく聴けていた他のソースでつまらないものが出てくるかも。

3.一つのタップに色々なメッキのコンセント混在させて楽しんでいる
 趣味ですから止める理由もないですが、お試し期間が済んだらどれかに統一した方が…

4.複数の壁コンを同時使用しており、電源の入口のから出口まですべてメッキなコンセント
 モコモコしてくる原因になりやすいと思われます。音のトランジェントが失われやすいです。微細な音も埋もれて聞こえにくくなります。

5.うちは高い壁コンだから、いい音がしていると考えている
 壁コンほど値段と性能が比例しないものはないです。


じゃあ、どこで調節すればってことになりますが、まずはケーブルとインシュレーターでしょう。壁コンは地味なものを決め打ちすることをお勧めします。壁コンで音決めするようなチューニングは危ないです。ほかのアクセを投入したときの変化のぶれ幅が大きい。癖のない地味系のコンセントにしておくとぶれ幅が自然と小さくなり、音決めしやすくなるようです。

そこで電源タップですが…まともなものが殆どない。ここが一番辛いポイントです。5万円以下の製品だったら分解して自分流に改造するのが意外にお得かも?

ひとりごと

Philewebで日記を書き始めてから続く、パワーケーブル、プラグ電源系アクセサリーの怒涛のごときレビュー。
数を重ねてそれなりなレベルに到達できたような気がする…

でもそれって、スタート地点と同じだったりして??

高級ケーブルはエソテリックに投入している7N-7100のみです。(手放しちゃいました)あとは付属ケーブルだったり、純正に近いケーブルだったり。最近公開したパワーケーブルもとても役に立ってます。

ORBとNordost、そしてZu Bok。これ、随分前にPhilewebでもレビュー書いたやつです。このストレート感、未だに気に入ってます。デジタル機器に使ってます。
BlackMambaも使いすぎるとオヤイデらしい低音が膨らむ感じになりやすいけれど、ポイントで使うとそれが返って良いみたいです。スピード速いものばかりだとせわしない感じにもなりやすいので。

気がつくとメッキレスばかり。それで荒々しいことになったといえばそうでもない。ポイントはHubbell系を殆ど使っていないことか…。一時は相当ハマっていたんですが。

細かい話はきっと役に立たないのであえて書きませんが、個人的には高級パワーケーブルなどよりトランスなどの装置に予算を割いた方が良いと思います。あとは趣味の領域ですので、好きなアクセをうまく要所に投入してみてください。それで気にいった音が出るはず。でも一発でうまくゆくとは限りません。

以下、ちょっとだけ独り言。

1.オーディオグレードにも色々ある
 高ければ良いというのは間違いです。工業用で何も気を使っていないものよりは良い場合はあるものの、変な色づけの気になるものの多いこと。そんなものを色々買っていたら間違いなく泥沼です。

2.フラッグシップは要注意
 メーカーのフラッグシップモデルは絶対に良いかというと、そうでもないです。フラッグシップモデルはメーカーが目指す趣味性が一番強く出ているものという解釈が正しいようです。言い直すと一番アクの強いもの。大外しの可能性が高く、他社のハイエンドの個性とはかなり確率でぶつかると思われます。それでも使いこなすことができるのは、じゃじゃ馬を乗りこなすだけの豊富な資金力のある方のみと思います。常人が買うときは本当に惚れたときのみの方がよさそうです。

3.失敗しないと成長しない
 負け惜しみがかなり入ってますが(^^;、海外旅行しないと、お米の味のありがたさが分からないみたいなものだと思います。米の味が最初から分からない人は…。

4.ネットの噂を信じるか
 ネットの噂はざっくりとした傾向を指すという意味では役に立ちますが、鵜呑みにしないことだと思います。詳しい知り合いや店員にきくとかの方が、信憑性があると思います。まあ、結局は自分で買って試すしかないとは思いますけど。借りることができるのならば、それが一番ありがたい事。

5.雑誌の評価って
 まず、そのページが雑誌の特集ページなのか、広告ページなのかしっかり見分けてください。最近は巧妙にできてます。申し訳程度にページの欄外に小さい文字で「提供:○○」とか入っていればそれは広告ページです。また評論家(人は選ぶべし)がさっぱりと書いている文章で信憑性のあるものはちゃんとあります。その場合、自分の性格を悪くするように?、文章を読んでいくと真実が分かることも。「低音が出るケーブル」→つまり高域が苦手。「充実した低音」→立ち上がりが悪いかも?。「厚手の中域」→ナローレンジの場合も?など。完璧なケーブルなんて存在しないので、自分の欲している傾向で選ぶしかありません。

6.パワーケーブルの適正価格
 これは難しいテーマですけど、おおよそ5万円以内と思います。それ以上は個性を売りにしたものでクオリティの向上はないと思ってよいと思います。仮にあったとすれば、そのように聞かせているケーブルと思ってよいです。

7.パワーケーブルの個性の源って
 その正体はノイズだと思っています。その証拠に個性的な音のするケーブルはトランスを外して使った方が良い場合が多い。トランス経由でももちろん使用できますが。

8.ノイズやゆがみをとれば、最高の音が得られるか
 それは微妙です。微量なノイズが聴感上心地良く聴こえることが多いからです。ハイエンドオーディオなんて、その微量なノイズの出方を楽しんでいるようなものとも…


 なんとなく自分にとっては当たり前のことになりつつある内容を列挙してみました。人によっては衝撃的な内容もあるかもしれないですけど、独り言ですのでお許しを。

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5
Nmode X-DP10

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002J+
MEG ME25
LE8T + SANSUI SP-50
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード