買っておいて損は無いプロ用ケーブル二択

ケーブルで右往左往してしまうホームオーディオ。
何をリファレンスにしたら良いか迷ったことはありませんか?
とりあえず、最近のマイ・リファレンスケーブル(インターコネクト)二択を紹介します。

・Mogami 2549
モガミの2芯タイプ。つないですぐはベールに隠された感じがするが、3週間程度のエージングで超ニュートラルになります。解像度も普通、エネルギーバランスも普通。このケーブルで繋ぐとシステム本体の癖もわかりやすい。情報量が足りないと感じる場合は、なんとかせいということになるし十分だった場合は儲け物。わずかに細身傾向になるところもありますが、楽器の定位や奥行き感の表現がとても正確。一般的なレコーディングスタジオの音に近いのでは。音楽ソースは内外選びません。

・Canare L-2T2S
これも2芯タイプ。モガミに比べるとわずかにファットになるが、これもバランスが良いです。ボーカルはこちらの方が良いかも。物差しとしてはモガミかもしれないですが、こちらの方が音楽的に聴きやすい感じもします。くっきりした音の好きなオーディオファイルの方向性とはやや逆のようにも思いますが、耳の肥えた人にはその良さが分かるのではないでしょうか。


実は録音や収録の現場でメジャーなのは恐らく4芯タイプ。その方がノイズ耐性は強く長距離引き回すときは都合が良いことが多いです。ただスタッカードタイプの弱点は高域特性にあります。ハイ落ち傾向です。そんなに長さが必要でないホームユースなら2芯がおすすめです。これはスピーカーケーブルも同様でバイワイヤーを束ねて使うとハイ落ち=太めのサウンド、そのままバイワイヤー接続すると高域が伸びてスリムなサウンド傾向になります。
どちらも完成品は基本的に販売されておらず、自作するか、ヤフオクやショップで販売されている完成品を入手することになります。RCAの場合、プラグはどちらも純正品が合うようです。たまたまうまく行く場合もあるとは思いますが、高級オーディオ用のものを取付けてもリファレンス的な使い方はできないと思います。

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5
Nmode X-DP10

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002J+
MEG ME25
LE8T + SANSUI SP-50
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード