ネットワーク環境チューニングの旅、ほぼ完了

IMG_7273.jpeg
IMG_7274.jpeg

写真はJS PC Audio HFS1100アップグレードです。2度のアップグレード受けました。現役で使用中です。

このハブは当方が入手した2台目。中古で入手しました。
DELAのハブを入手して手放す予定だったのが、DELAの音がしっくり来ず長い付き合いとなりました。
このモデルの気に入った点は、音の重心がしっかりしているところ。アップグレード前はノイズ感という点で最近の機種に一歩譲るところもありましたが、iScilencerとの組み合わせでハンデが全く気にならないレベルとなっていました。

そして、今回の2度目のアップグレード。最初のアップグレードでも激変ぶりにびっくりしましたが、今回も期待を裏切らない完成度でした。最初はちょっと音がおとなしくなったかと思いましたが、iScilencerを取り外してみたら、とてもニュートラルな美音。引き続き、我が家のネットワークオーディオのコアとして君臨することになりました。
定評のあるSOtMへの切り替えを何度も検討するも、あちらは20万円越えというかなりの高額。20万あったら他のもの買っちゃうということで、ずっと検討段階のまま。アップグレードで更に先に伸びました(笑

そして、更なるネットワークチューニング。
このアップグレード実施後、純度はアップしたものの以前の音のバランスが崩れてしまい、再度ネットワークチューニングの見直しが必要となりました。
コンプリートしていたLINKUPの22AWGもちょっと音にやりすぎ感が出てしまったため、一部を残して26AWGへのリプレイスを開始。このハブとぴたりと音質傾向が合いました。昔のエソテリックで楽しんでいた頃の純度とサウンドステージが帰ってきたように思います。いや、ここまで長かった!


ついでに私流のネットワークチューニングの極意をまとめると、

⚫︎LANもSPDIFの時のチューニングと同じ。ジッターを減らすこと。
⚫︎ルーターからは強烈なノイズが出ているので、そこには光アイソレーションが効く。
⚫︎メディアコンバータの電源はローノイズのスイッチング電源の方が相性が良い
⚫︎メディアコンバータ2台の電源装置はそれぞれ1台ずつ用意すべし。
⚫︎長距離LANを引き回した先には、オーディオ用ハブを入れるべし。
⚫︎別途電源が不要なiScilencerは強い味方。複数台で攻める。しかし音が痩せたかもと思ったら取り外して他の場所への投入を検討する。
⚫︎再生機器が光LAN入力でなくてもクオリティは十分担保できる。逆に光の場合はメディアコンバータの質が問われるので、コンバータの選別に苦しむかも?そういう意味で通常LANの方がチューニングしやすい。
⚫︎LANのチューニングが変われば、USBケーブルの相性も変わる。(世間では、USBが減少方向ですが)
⚫︎マンションの一室など小規模のLAN環境の方が、全体構成が単純なため少ない投資で良好な結果が得られる可能性が高い。一軒家は逆にしんどい・・・
⚫︎ネットワークハブの各ポート間は、ハブ内部でアイソレーションはされているが、実際は高周波のためケーブル間に飛び込みノイズとして混入しやすい。しかも電源を経由してグラウンドループとなる。ハブをカスケードする時は、iScilencerや光アイソレーションを活用すべし。
⚫︎PC自作派の場合、筐体内部のノイズ対策に余念がないと思うが、実際はPC本体外から侵入するLAN経由の飛び込み外来ノイズをコントロールする方が結果が出やすいかも?

以上、持論でした。
もう当面引っ越しはなく、仕切り直ししないで済ませたい世界です(笑

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Sfz DST-Lacerta → Soulnote D-2 → Soulnote A-2 → B&W 804 Diamond PB
with 10M Clock

Rock (Roon) ファンレスケース換装済み


Soulnote E-1
Technics SL-1200GR
DENON DCD-1650AE
RUPERT NEVE DESIGNS RNHP


システム2号:
Intel NUC10I3FNH with Arc Linux
HQPE PC
Pioneer DJM250MkII
SONY CDP-338ESD

Sansui AU-D907F Extra
Soulnote da3.0
JBL4309

インターコネクト:
Soulnote SBC-1


デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz



ほか諸々



その他、自作品等


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。






ニュートラル、高品質LANケーブル 今のおススメ。



おすすめオプティカルケーブル!透明度ピカイチ



高解像度 高コスパ!ニュートラル。いわゆる単線のサウンド。
fc2ブログ





凄いS/N! 22AWGの太いサウンド





光アイソレーションおすすめ、少々高めだが音がいい

StarTech マルチ/シングルモードファイバメディアコンバータ - オープンSFPスロット - 10/100 / 1000MbpsのRJ45ポート - LFPはサポート - IEEE 802.1QタグVLAN - (mcm1110sfp) ギガビットのLCコンパクト 褐色

GaNの定番














月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード