TX-2000XN導入記1

ここ最近、CSE TX-2000XNを導入しました。中村製作所のトランスも人気ですが、なぜかこちらへ流れました。理由は簡単、セールを見つけてしまったから。本来、中村製作所のトランスは割安で評判だったはずなんですけど、最近の値上げで状況が変わってしまいました。

導入前のうちのシステム状況は

1.ジャンルの向き不向きがある
2.レビンソンが中古のためか、荒い
3.tockyさんからのお下がりスピーカーケーブルが優秀で、解像度があがったんだけどなんとも不思議な感じになってしまった。音が素っ裸な感じというか。表現が難しい。


レビンソンの中古はコンデンサ交換が必要そうです。自作電源ケーブル(旧SCRにL型IECをつけたもの)の導入で劇的に改善されたものの、まだいけそうな感じ。
スピーカーケーブルはWireworldのECS3BW。古めですが、猛烈な解像度。微細な音まで拾うんですが、ノイズ感までクリアに出してしまっている印象。

そこでとうとうトランス導入に踏み切りました。理想は200Vですけど、普通の賃貸マンションなのでそれは断念。(自分の使い方では要らない結論でした)
トランス導入に関して心配されたことがあります。それは、インピーダンスの上昇による弊害。MJ誌に載っていた柴崎氏の中村製作所のトランスのレビューだったんですが、わかりやすく書いてありました。
要は接続する機器の整流ダイオードのスパイクノイズです。交流を直流に変換するときにブリッジダイオードによる整流を行うんですが、ここがパルス性のノイズの発生源になります。トランスに十分な容量があればこれはある程度クリアされるんですが、今度は静電結合により外部からのノイズ遮断能力は低下してしまう。

そんなこんなで悩んだんですが、導入となりました。やっぱり入れてよかった。一番の向上は情報量の劇的な増加でしょう。微妙なニュアンスが聴こえる。定位が安定する。

それから導入に関して譲れないポイントがありました。前段機器へ使っているHarmonixSM350→アコリバRTP6のセット。この組合せはうちのシステムにおいては外せないセットです。トランスの100V出力は4個しかありませんから、このセットをそのまま接続することにしました。


続きはまた次回。

コメント

こんにちは。

私はTACTが100~120V入力なので結局、117V出力だけ使ってます。ある意味、昇圧トランスのように。このTX-2000XNと壁コン間の電源ケーブルもある意味、悩ましいんですよね。あと壁コンも。。

整流ダイオードのスパイクノイズ勉強になりました。オンとオフの切り替えに時間がかかると一瞬ショート状態になりこれがノイズになるということですか。。この場合のトランスって外部トランスということであってます?

グランドループの軽減のためか、安定した電流が流れるようになるためかよくわかりませんが、情報量の向上がトランス導入には見込めますよね。

そうですね

壁コンはこれっと思ったら、後は比較試聴しないことです(笑)
どれも必ず欠点がある。結局自分はオーディオっぽくないもので決め打ち。不満がないし、成功だったんじゃないかと勝手に納得。
ケーブルで悩む方がまだ楽です。

一瞬ショート状態になるという表現はよく分からないですが、そんなイメージなんでしょうか。要は交流をスイッチングしているわけで(電気を止めたり流したり)、所謂スパイクノイズが発生するんだと思います。発生したスパイクノイズはさっさとグラウンドに落ちれば問題ないわけですが、インピーダンスの上昇により残留するんですね。これは外部トランスを接続したからです。
この続きは次回書きます。

情報量の向上は魔力というか。グラウンドループってそんなに影響しているんだっけと思いますよね。
非公開コメント

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5
Nmode X-DP10

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002J+
MEG ME25
LE8T + SANSUI SP-50
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード