Fimを聴いてみる

先日、タイガーさんが話題にしていたFimレコーディングのCDを2枚購入してみました。

FIMSACD040-1.jpg

こちらは超定番みたいですね。演奏は申し分ないです。かなりスタンダードです。
録音に関しては、自分がXRCDに対して持っているイメージのままというか。
今の基準でいうとそこまで優秀録音でもないかも・・・?ちょっと厳しいか。
やや響きがデッド。腰も高い印象が・・。あと、表現が難しいですが、デジタルノイズっぽい感じも僅かにします。PCオーディオで苦労するタイプの音傾向というか・・・私が勝手に表現しているだけですけど。
録音は、結構狭い空間でレコーディングされたものではないでしょうか。
若干甲高い感じで録音されているピアノの音に違和感が・・・。ミックスのバランスもう~ん。
ごめんなさい。内容はいいと思います。もっと酷い録音は世の中にたくさんあると思いますし、非常に高いレベルのお話を強調して書いてしまいました。


FIMDXD079-1.jpg

これは上記に比べて最近のものだけに手法もやや現代的になっているように聴こえます。
ややオフマイク(やや楽器からマイクを離して設置)にセッティングされている様子。デジタルノイズっぽさも無くなり、ピアノの音も自然になっている印象です。
私的にはこちらの方が落ち着いて聴けるかな。
こういうスピーカーの向こう側に楽器が展開するタイプのレコーディングは、オーディオシステムを選ぶのではないでしょうか。再生装置にノイズが多いと濁って音量が小さいだけに聴こえる可能性があります。
それから5曲目ですけど、ウッドベースの人は随分遠くで演奏してますね(?) 多分録音のせいだと思いますが、 ちょっとやり過ぎ感があるようなないような・・・
但し断っておきますが、音楽の内容は好きです。


私は素人です。一消費者として言いたい放題書いちゃいました。だって高いんですもんね、このCD。
期待が大きかった分、ちょっと辛口になってます。すみません。
うちのシステムが変なだけかもしれませんので・・・お許しを。

コメント

オータムインシアトルは、
確かに若干甲高い音ですが、ベースとのバランスはいいと思うのですが、ずいぶん違う評価ですねぇ。
うちのシステムがイケテナイだけだとおもうのですけど。
でも良く見ると、XRCDではなく、SACD版ですかね?
そこら辺の差だとうれしいんですけど。

What a ~は、
音はいいと思うのですが、うちのシステム(もしくは自分?)とは相性が悪いようですね。

でもCDのレビューって人によってまったく違うから、いろんな意見が聞けて、楽しいです。

ごめんなさい。写真がSACDですが、買ったのはXRCDです。
音量的なバランスは良いと思うのですけど、楽器のそれぞれのエコー感、音場の前後感がちぐはくな感じがして。楽器それぞれのマイクの立て方に問題があったんじゃないかと勝手に推測。
デジタルノイズっぽいと言っているのは、主に高域のシンバルの音。付帯音を感じるんですけど。What・・と比較するとわかります。

Whatの方は、はっきり言って変なバランスのような気がします。合わないシステムがあるのは分かる感じ。ただ、楽器の前後感、エコー感は揃っている印象です。

なんだか、オーディオっぽい録音ですよね。もっと自然さがあってもと思うところがありました。

一応、比較として最近のコンプレッサーなし優秀録音ものと比較試聴して記事を書きました。
非公開コメント

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
Nmode X-DP10
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002A
MEG ME25
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード