先日の試聴おぼえがき

簡単ですが、先日試聴したその他の機器の覚書

1.PS AUDIO Perfect Waveトランスポート/DAC
 CD再生を試聴。CDをメモリバッファに取り込みそこから再生するというシステム。バッファは聴いた感じでは2秒程度か? 音は太めで腰が据わった印象。S/Nも申し分なし。過度の色づけらしきものは感じられず、楽音のリアリティを重視した作りで好感が持てた。ただ、若干音の余韻が少ないような気もした。レベルは相当高いと思う。あと、CDトレイの動きには高級感がない。汎用のCDROMドライブの可能性がある。

2.B&W CM5
 う~ん。何だかスカスカなんだが。CM1のファーストインプレッションの良さはあまり感じられない。

3.B&W CM7
 個人的にはシリーズ中、もっともレベルが高いように思う。情報量は特段多い方ではないが、音の雰囲気が良く好きです。音楽的に楽しいところがかなりいいと思う。なんとなく欲しいとも思える一台。

4.B&W CM9
 ダブルウーファー搭載。低音出過ぎ。CM7の鮮度がなくて音像が平面的。残念・・・

5.B&W 805S
 昔、ブックシェルフの中では相当音が良い部類との印象があったが、今聴くとツィーターとウーファーとのバランスに難があるように思った。やっぱり重心は高めに感じるし、かなり駆動力のあるアンプとセットで重心を下げてやる必要があるかもしれない。

6.DALI IKON6
 DALIにしてはモニター調、C/Pの高い一台。良くも悪くもやっぱり箱鳴りを意識した作りの様子。低音の多いソースでは共振周波数に特徴がある。クラシックソースではその周波数のおかげで温かみのある太めの音が得られそう。



ほかにも聴いたような気がするが、印象に残ってないな・・・
CMシリーズはモデルによって同じメーカーかと思うほど音が全然違う。サラウンドで複数揃えるときはどれでもいいというわけではなく、気に入ったものをチョイスする必要があるかも。

コメント

俺的気になるアイテムは…

最近、SOULNOTEが俺の中で熱い。
見た目がシンプル、低価格、黒バージョン(今更かよw)

何となく、食指が動きそうな…シークリット出るまで
はいっちゃん欲しいメーカーだったりする。

うんまぁ…だから何っちゃあ、何だが(笑)

お、Perfect Wave聴きましたか。
これスペック見ると結構面白くて、気になってました。
HDMIでどこまで頑張れるかというリファレンスにもなりそうですし。

太くて腰が据わってて、余韻少なめですか。。。ん?
それ情報量に難がある予感も(^^;

まあでもレベル高しとのことですから、良いのでしょうね。
ペア100万ですから、なかなか手は出しにくいですが、こういう攻めた製品が結果残してくると各社もう少しいろいろと冒険してきて楽しそうなのですが(笑

余韻が少なめと書きましたが、情報量が少なめという印象はなく適度に中域にエネルギーを持たせた音づくりに関係するものではないかと思っています。
かなり好きな音づくりであるのは間違いないです。ただやや賢くまとまりすぎたというか、表現が難しいですが、冒険が少ないというか。
後から感じたんですが、うちのSoulnoteの魅力はストレートさと情報量、中毒してしまう僅かな荒々しさなのかもと思っています。


ちなみにSoulnoteの方は、吉田苑のLevitonプラグ電源ケーブルで見違えるように音が良くなりました。標準ケーブルが良いのは確かなんですが、あのプラグのメッキは良くないです。高域に変な癖が。
この標準ケーブルの電源プラグ交換によるデメリットは感じられませんでした。
ご参考まで。
非公開コメント

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5
Nmode X-DP10

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002J+
MEG ME25
LE8T + SANSUI SP-50
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード