アクセサリーの落とし穴

基礎編のリクエストに答えて始めたfreestyle流の第2話は「アクセサリーの落とし穴」です。

同じケーブルなのにレビューが食い違う怪現象です(笑)。
あるケーブルに交換したとき、ボーカルが引っ込んだ表現になったとします。普通に考えれば、ボーカルが引っ込んだのはそのケーブルのせいだという結論になります。

一見、極々当たり前のことのようですが・・・。

・・・。

・・・。


ド~ン!笑うせ~るすまん風、古い。

実はそうでないこともあります。エキスパートの方は既に経験済みだと思いますが、意外に素直で解像度の高いケーブルなんか使うと、他の機器やアクセサリーの個性を増強してしまうことが稀にあります。
これを判断するのは自分のシステムの癖を十分に理解していないと非常に難しい。特に好んで個性の強いアクセサリーを他の場所に使っている場合は、思わぬ展開になる可能性が高いです。
別にそれが駄目ということではないのですが、状況を把握していないとアクセサリー地獄の釜が開く場合も・・・。
高いアクセサリーを買って極端に違う評価になった場合は、まず他を調べてみること。一通りやってみてやっぱり使いどころが見つからなければ、本質的に向いていないアクセサリーだと判断して良いと思います。
(ちょっと前回とネタかぶりしてます、ごめんなさい)


それから当方も自作派ではありますが、日頃気になっていることがあります。
最初から自作品でシステム全体をがっつり固めていらっしゃる方が少なくないと思いますが、これは方向修正が本当に難しい。現在の出音に満足していれば問題ありませんが、不満がある場合はかなり大変です。自作した当人もそのケーブルが、音作り全体にどう影響しているか把握していない場合も少なくないわけですから。
少々高くつくかもしれませんが、慣れない時ほど完成品の割合を高くした方が無難なようです。
(当方の環境も半分は自作品ですが、やればやるほどオリジナル率は下がってます・・・)

なんだか説教臭くなってきました(爆)
このシリーズはやめようかな・・・

コメント

アクセサリーの落とし穴

freestyle様、こんばんわ。果たしてこのメールは届くのかしら。

基礎編シリーズ、なんだか身に詰まされて。「そうなんだ~」と涙ながらに、基礎編読者としては事実を受け止めるのを恨めしく思いながらも、激しく納得したりして。(^^)

ちなみに、最近の出来事では、パワーアンプの給電にチクマを使い高域の滲んだようなキーンの強調感に参っていたのですが、パワーのタップまでの給電ケーブルを2.0からスタジオマスターに変えたところかなり治まり、また音色も好みなものに。これなど、2.0の特徴がチクマで強調されていたのかな~と読後感として妙に納得。。
また先頃、CDPのD-DROPを外して直置きしたところ、音の表情が軟らかくなり、セットすると、やや硬くて乾いた表情に。これなど、D-PROPの空間表現の代償としてややデッドになっているのかな~と。ここで、今夜、なんとカナダ!から届いたコーヒー様お勧めのBDRのピット+コーンをプリアンプのD-DROPに替えて使用したところ、低域が増大し響きは豊饒に音圧アップの大変化!これが良いのかどうか、音数の少ない場合は良さげです。暫くこれで聴いてみます。
その上で、「一通り」色々やってみることにします。
このシリーズ、freestyle流入門編として、読者拡大に格好のシリーズだと思います。ぜひ、ご継続くださいませ。(^^;;;

ありがとうございます

そねさん、レスありがとうございました。

随分改善の様子。おめでとうございます。自分的には内容に共感していただけたことと、改善が同時に行われたこということで、安心いたしました。

ある意味、過激な内容もあるのかなと思うところもあって、内心クレームが来るんじゃないかとヒヤヒヤなんです。(自分もまだまだですし)
でも先日、あちらのページでブログを紹介したとき、このシリーズの反響が一番あってびっくりしました。

当分やめられないみたいですね。今度はもう少し違った視点を目指して書いてみたいと思います。

ケーブルにチューニング

freestyleさんこんにちは。
ケーブルで音が変ると言う話ですが、ケーブルを自作して(手造り)して、その手造りしたケーブルをベストとして、これにオーディオ機器のチューニングされている方にお会いしたことがあります。私の設計したケーブルなど、「ここの所のここが悪い・・」と言われて・・・。 設計理論など形無しの有様でしたが、オーディオの世界はこれもあり、何でもあり・・・ですね~。

No title

AVCTNEGYさま
書き込みありがとうございます。

当方はケーブル線材の設計者ではないので、その恩恵を受けるしかないのですが、やっぱり最初は理論ありきだと思います。ただオーディオは奥が深いというか、使いこなしの職人技が要求されるところがある。
本当に難しいです。

AVCTNEGYさんの75Ωのケーブルはデジタル用として愛用させていただいています。あのC/Pは驚異的ですね。プラグはやっぱりBNCの方が好ましい(設計理論通り)ようです。
新作を楽しみにしています。
非公開コメント

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
Nmode X-DP10
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002A
MEG ME25
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード