No.380SL エージングほぼ完了

エージングがほぼ完了したみたいです。
いや、本当に良かった。はっきり言って全く別物です。
太さや柔らかさの表現が巧みになってきて、当分買い替えの必要はなくなったような気がします。
(というか、購入後3年以上もして本当の良さが分かったというのも微妙??)

音がまともになったお陰で、ケーブルセッティングを見直しました。それも結果を出しているように思います。以下はオーバーホール帰還後の作業ログです。


◆オーバーホール前の状況
まず高域の歪が気になる傾向があった。全体に音が暗い。低音がタイトで厚みが少なく押しが弱い。

・やったこと
パワーアンプ、タップにHarmonix製品を投入。プリの電源に自作AET SCRを投入。インシュレーターによる調整など。

・残る課題
厚みなどの問題はかなり解消されたが、本質的な音の線の細さが若干残る(レビンソン色でもあるが・・)。どこか破たんしやすい要素を感じることが多かった。よってチューニングが決まらず・・・アクセの投資金額が(汗



◆オーバーホール後
以前の環境のまま、まず試聴。基本的なカラーは変わらないが音に余裕が出たことが分かる。チューニングの見直しを開始。

・ケーブルをデフォルトのベルデンに戻す
以前は荒さをフォローするためにAET自作を使い結果を出していたが、荒さよりケーブルのカラーが気になり始め付属ケーブルに戻した。狙い通り、非メッキプラグの明るめのトーンが見事マッチ。このアンプには一番しっくりくるように思われる。また以前このケーブルで感じていた荒さが随分改善されていて驚いた。ただ荒さは少し残る傾向で、その原因が別の場所にあると予想。

・タップのケーブルの見直し
電源をとっているタップとCSEのトランスとの間に自作TUNAMIケーブルを使用中だが、そのプラグ P-047をマリンコへ変更。全く狙い通りの結果で残る荒さはほぼ解消。瑞々しい求めていた音がそこに。やはりレビンソンプリへ繋がる系統は非メッキケーブルが最適と思われる。かなりメッキに敏感に反応してしまうみたいなので、要注意。


・おまけ
メッキをすべて否定しているわけではなく、使い分けだと思います。デジタルの系統などはケースバイケースで良い場合もあるし、私の場合、メーカーはそれぞれ違いますがロジウムメッキと非メッキの混在使用が最も落ち着きました。手放しでロジウムが良いとは思いませんが、うまく製品を選ぶと最も素直な音がする可能性があるのがロジウムだと思っています。ただ使い過ぎるとハイ落ちで暗い音がしやすいのでこの点は注意が必要です。


今までプリの欠点をフォローすべく色々試行錯誤してきた経緯があり、そのためのケーブルに高額の金額を払ってきたように思いますが、今思えば順序が違っていたような・・・。高級ケーブル1本分でオーバーホールできるわけですから、先にやっておくべきでした。とはいえ、今のチューニングに最初からたどり着けたとは思えないですが・・・。
とりあえずオーバーホールで迷っていらっしゃる方がいたら、素直にお勧めしておきます。



最後に余談ですが。
体調をまた崩してしまって・・・回復中ですがアルコールは当分厳しい。
ご連絡しますのであらためてよろしくです。

コメント

オーバーホールの結果が良好に働いてるようですね!!
今までの対策結果も経験値として活きてるようで、さすがですねぇ。

それから、体調の方もお大事になさって下さい。m(__)m
のんべぇチームの一員としては、アルコール抜きの生活はツライのでは!?
少しでも早く回復されることをお祈りしています。

う~ん、本当の意味で成長できているんでしょうか・・・
脱ブランド志向に到達した点だけ成長したかもしれないです(ホントかなー)

体調の件、ありがとうございます。
思ったより体もオーバーホールが必要みたいで。

体調大丈夫ですか?
これから年末でばたばたすると思うので、ご自愛ください。

プリのほう、いい傾向になってよかったですね。
我が家も気になるところですが、Freesytleさんちみたいに
替えがないので、悩ましいです。

体調はお陰さまでなんとかやってます。

プリは、レビンソンらしい厳しさはあるような気がしますが、その一方でやさしい表現も得意になったようです。ボーカルが良くなりました。
厳しさの部分としては、ソースの音が以前にも増して良く聴こえるようになったこと。TransporterとX-05の音の違いが良く分かって、こちらもセッティング見直しました。ダメなものはダメなまま表現する。キビシイ。
まだまだやることありました。


このブログでも紹介した自作真空管バッファはプリアンプとしても使えるようにするので、必要なときはお貸できますよ。出力はRCAになりますが。
(先日製作した方は現在使用中ですので)
お気軽にどうぞ。
非公開コメント

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
Nmode X-DP10
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002A
MEG ME25
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード