Hubbell 8215C って

忙しくて疲れ気味。久しぶりのブログ更新です。ごめんなさい。

ヤフオクで8215Cを入手しました。ハッベル8215CにはIECタイプもあって、これが国内では珍しくプラグと同時購入。
届いて「あれ。」

8215B.jpg

ブレードの具合が違う。左が直輸入品、右が完実電気取り扱い品。
(完実電気取り扱い品につやがあるのは磨いたから。標準はもう少し艶消しだったと思います)
もしやと思い、ケースを開けてみると

8215A.jpg

これも左が直輸入品。
完実のものには内部にメッキがしっかりしてあります。直輸入品はキラキラ非メッキ。
こりゃ、絶対に違うブツだと早速試聴してみると・・・別物。

このプラグって数々のハイエンドケーブルに採用例があるもの。完実のプラグを試聴しても音質傾向の開きがあるので、自分的には納得いっていなかった。どう考えてもあんな感じにはなるはずがない。海外のケーブルメーカーには想像を超えるノウハウでもあるのかな、なんて思っていたらこんなオチでした。(*以下に訂正があります)
音質は聞いたことのあるあのケーブルのニュアンスがたっぷり。中域に響きが多く、音が太くなる印象です。高域のピーキーさもなく、こりゃタダモノではない。但し、高域方向の伸びはややセーブ気味。すがすがしさやさっぱり感を演出にするには何かしらの対策が必要なようです。
それから、どこかレトロな雰囲気漂う音質傾向もあるようなので、料理の仕方が重要になってくるでしょう。またいくつかケーブルに取り付けて実験したところ、スピードの速いケーブルとの相性はイマイチのようにも思いました。
朗々と鳴らすケーブルを目指す感じでしょうか。

これを使ってハイエンド風ケーブルを試作中です。

------
2010.5.3 追記
ハイエンドケーブルで採用されているプラグをもう少し観察してみると、完実タイプの方が採用されている例がありました。PCOCC-Aのケーブルとの組み合わせではあまり能力を発揮している様子も無かったのですが、一部のケーブルにおいては完実タイプの方が素晴らしい表現を見せる時がありました。
ケーブルとの相性の話なので、どちらが良いかは一慨に言えないようです。失礼しました。

コメント

なんと意外なオチが。w < プラグ
なんにせよ、何となくオイラ好き系の予感。

それと、どっかのハイエンドケーブルみたいなケーブルw、カッコイイっすねーー。
続報楽しみにしときます。m(__)m

いや、これさもえどさん好み間違いないと思います。

どっかのハイエンドみたいなケーブル、実は外観の太さはTUNAMIクラスなんです。訳あって長さは3m。見た目の迫力はハイエンド。既にメインシステムのタップで使ってますが、具合はなかなか。じっくり聞きながら更に改修するか検討中です。
使う場所を変更しちゃったので、結果的に3mも要らなかったんですが作り直すのも面倒だし(笑

目指すところは○ーモニックスや○ランスペアレント!
自分的にはなんかこれでいいかもと思い始めてます。

No title

マリンコの方がいいです。
非公開コメント

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
Nmode X-DP10
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002A
MEG ME25
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード