うちのAVシステム事情

忙しくて疲れ気味。ブログの更新のパワーが落ちてます…。
今回はうちのAVアンプ&スピーカー事情です。

AV1.jpg

こちらは安くいい音のコンセプトで最大C/Pを検討した結果、GENELECの中古品になりました。
2029Bで実はAES/EBUが入力できたりします。どうせならということで。
でも実際はアナログ入力しか使用していません。
その接続なんですが、

AV2.jpg

写真ボケボケですみません。

先日のサンバレーのSV-14LBバッファアンプをアンバラ→バランス変換として使用しています。
これは真空管バッファアンプですが、freestyleチューニングによりらしさはありません(笑)
固有の音はあまりないのが売りです。

AVアンプのアンバラ出力を簡易にバランス変換するケーブルを自作してテストしてみましたが(HOTだけを結線する)、音量が十分に稼げない上にノイズを拾ってダメダメでした。このバッファアンプで変換してやると音は生き生きとしてくるし、S/Nも申し分なし。やっぱりバランス接続のメリットありといったところでしょうか。

業務用スピーカーを自宅で初めて聴いた感想としては、その強力な音抜け感が印象的でした。ホームオーディオとは違う突き抜け感です。わかりやすく例えると、ホーンツィーターのそれに近いものがあります。職場じゃ気がつかなかった。
AV用途ではこれくらいはあった方が楽しいですし、元々免疫があったりするので。

業務用というと色気のない音を想像しがちですが、このスピーカーの場合ちょっと違います。シャーンと拡散する高域。ファットな低域。どれも麻薬的な独特な色気があります。一部にGENELEC嫌いのミキサーの方がいるのはその色気のせい。これでミキシングして別環境で聴くと全然バランスとれてなかったり…なんてこともあるようで。
確かに何でも良く聴かせてしまう傾向は感じますね。
この傾向はうちのAV用途にはなかなか良い解だったと思います。イメージ通りだったというか。

ケーブルは付属品。AVアンプとの繋ぎにはカナレ、スピーカーとの繋ぎにはEXTON、パワーケーブルはAVアンプにTUNAMI自作、バッファアンプにHARMONIXの古線材を使った自作ケーブルを使用しています。なんか不思議なくらい音に不満がないんですよねー。音楽オンリーじゃないからというのもありますけど。

--
ちなみに他のサラウンドSPは、AudioPro Image11改S2とQUBE。AudioProって音圧控えめのSPですが、マッチングは良好と思います。

コメント

GENELEC。とても気になるSPです。
存在はずいぶん前から知っていて、一時期購入を検討したこともありました。
でも聞く場所がなくて、結局買うにいたらず。。
とてもいいSPなんでしょうね。
性格的にもAVにあっていそうですし、うらやましいです。

中古だと相場は随分安価なんですよ。AV用SPのエントリークラスの価格です。
サイズを超えた鳴り方をしますね。映像にのめりこむとサイズのことはすっかり忘れちゃいます。

映画なんかはいきなり大きな爆発音がしたりと、集合住宅に向かない作りがしてあります。小さなSPでしっかり鳴らすくらいの方がご近所への配慮として安心感があったり。
いずれにしても、メインシステムとの共存を考えると小さいことに越したことはありません。
非公開コメント

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5
Nmode X-DP10

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002J+
MEG ME25
LE8T + SANSUI SP-50
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード