サブシステム道場 その3

第3回は「真空管にハマる」です。
本シリーズは場面転換が激しくなる予定ですが、数年単位の話を短縮して書いてます。
数日でこれだけ転換したら、訳が分からなくなりそう。前回から出てますが、昔のぼろアパート時代の秘蔵写真が登場です。

やっぱりエレキットじゃ、パワーの点で物足りない。ネットを徘徊するたびに300Bなる球の魅力の話にぶちあたる。
どんなもんだと気になること1ヶ月。安価なキットを見つけました。当時は300B搭載の完成品なんてなかったです。
「サンバレー VP-3000」

VP-3000-2.jpg

写真がしょぼいのしかなくてすみません。
自作すれば10万円以下でプッシュプルが聴けるらしい。これ以降、サンバレーさんのキットのお世話になってます。
これは注文しちゃいました。
製作はエレキットに比べるとかなり大変。手配線の部分が多く、初めて真空管らしい配線作業を経験。
3日間かけて完成させて、慎重に火をいれたらバイアス電圧が一つだけおかしい。テスターで慎重に調べてゆくと中国製の可変ボリュームが最初から故障してました。サンバレーさんに連絡すると速攻で送ってくれましたが、やはり中国製品の具どまりには限界があるのだと理解。
交換したら、問題なく電圧が測定できました。

早速音出し。まだお目覚め中という感じでしたが、音が太い!かなり目的の音に近付いて大満足。少し高域の伸びに不満があるものの、とにかく太い中低域が魅力的。
そこで今度はスピーカー探し。ヤフオクでゲットしてきたものは…

「Harbeth HL5」

HL5-1.jpg

とにかく部屋の狭さが印象的な一枚ですね。ここしか設置場所がありませんでした。あまりにもでかいサブシステム(笑)
こんな日の当たる場所には良い子は置かないように。

これ、エージング進むと最高に麻薬的なサウンドがしました。過去のサブシステムの中でもっともヤバかったセット。
気がつくとメインを追い抜いている瞬間が。カレル・ボエリー・トリオはこれで聴いた方が絶対良かった。
そしてボーカルがとにかくエロい。ほぼメインの座を占めていたと言っても過言ではないシステム。
おかげさまで、その後のメインシステムのテコ入れで随分お金を浪費しました。

この甘い経験で調子に乗ってしまいました。サブシステムって楽しい(ってもはやメインじゃねぇか!)

そして購入したのが、

tri-1.jpg

TRV-34SE。赤いボディに心打たれ、限定生産の文字に踊らされ思わず購入。当時この赤は鮮烈でした。
これと組み合わせたのはモニオ SilverRS8! 今見るとボディのテイストに似通ったものがあるような?

RS8.jpg

EL34という真空管はギターアンプで定評のあるもの。この組み合わせで聴いたジミヘンはもうたまらない!
この表現は意外にどのシステムでも不可能かもしれないですね。ギターがとにかく生々しい。
そしてJAZZではサックス系の表現がまた凄い。ブロウ!

でもいい加減サブシステムの膨張を自覚して、どちらか1つに絞ることを決意。(部屋も狭いのに何やってんだろ)
求めていたのが癒し系だったので、やっぱり300Bが手元に残りました。
この後、しばらく安定期に入ります。



そんなわけでまた次回。
これ、時間短縮して書くと自分でも呆れます。欲望の塊ですみません。でも昨今のハイエンドケーブルの値段に比べればまだ真っ当なんでしょうか?確かにケーブルへの投資の痛みは肥やしになりますが、こちらの試行錯誤の方が楽しかったかなー。
微妙。

コメント

近々、カインラボ行く予定っす。気付いてるかもだけど
玉プリ狙い(笑)別にプリメインでも良いんだけど。
この記事、良い参考になりやした!

No title

モンタレーの1曲目「FIRE」聴いてみたい。フェイズプラグの効果はいまいち感じないが。
非公開コメント

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5
Nmode X-DP10

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002J+
MEG ME25
LE8T + SANSUI SP-50
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード