そして、サブシステム再考

やっと主題に到達しました。

サブシステムの検討(妄想)を開始してしばらくですが、状況は以下です。

1.設置場所はとなりの6畳間。
2.作業部屋の良質BGMが目標。
3.現状、15年前に購入したMenuet Royalがメイン。これはこれで不満はない。
4.音はそれなりに良いが、デスクトップオーディオとして購入したTEACの2+1システムの方が聴きやすいのが…(^^;
5.6畳のスペースなので、出せる音量にも限界がある。

メヌエットととはもう長い付き合いになります。購入当時はメインでした。ボロボロになったせいでオクに出す気もなくなり、手元にずっと一緒にいる感じです。今のDALIよりとても濃い音がいいですが、長い付き合いだけにもう発見は一切ありません。ただ、サブのリファレンスとして君臨しています。

まずは、スピーカー選びです。

今までと大きく違う点は、先日のブログでも紹介したフライングモールを入手したところ。サブというと真空管アンプで駆動させることが多く、能率の悪いスピーカーはなるべく御免という基準がありました。ただ今回はフライングモールのポテンシャルを生かすという意味で、鳴りにくいもの大歓迎!楽しみですね。

ただ低能率スピーカーって小音量再生が苦手な傾向があるのも事実ですが、この際気にしないことにしましょう(爆)
もちろん、高能率スピーカーにも興味のあるものもあるわけでいくつか候補を挙げてみます。

1.Zu Druid Credenza MK2

credenza-red.jpg

前のDruidがずっと気になってました。Zuという会社のセンスが好きなんですよね。同じパシフィックオーディオ扱いのnaimとの組み合わせが印象的で、忘れられない音の一つです。早速試聴してきたんですが、本体は思ったよりでかい。デザインはやっぱりフロアタイプの方が良くて、こちらはドラえもんそのもの。音は往年のフォステックスを彷彿させるものでした。いいんですけど、やっぱりサイズが気になるので今回は見送り。

2.Joseph Audio RM7XL

rm7xl_loudspeaker_josephaudio.jpg

これ、価格帯が一気にアップしちゃいますけど、パルサーの下位クラスだと思うと俄然気になってきます。中古品がそこそこに世の中にあるみたいなので、それ狙い前提ということで。ただ中古はローズウッドばかり。いささかこちらのデザインは地味系。メープルがいいんですけど、それはないし、やっぱりサイズオーバーということで見送りにします。

3.Harbeth HL-P3ESR

harb.jpg

このあたりから大本命になってきます。評判の良さを聞いて本当に欲しくなったスピーカー。実際試聴してきましたが、こりゃいいです。能率の低さも感動的(笑)。実際は真空管アンプでも駆動できてました。良くも悪くも箱の音がしている気がしましたが、ボーカルが自然と広がるスピーカーは今回のテーマの一つです。

4.ATC SCM7

sagamiaudio_scm7.jpg

これも欲しいスピーカー。濃い音が魅力的。太いボーカル、濃い中域を目指します。しっかり駆動させること、これだけでも醍醐味でしょう。上位機種は正統派モニターサウンドです。その価格も魅力的ですね。あまりに駆動が難しいんで、初心者には絶対薦められないスピーカー。

というわけで、3か4になりそうな予感。悩んでいる期間が楽しいんですよね。
実はこれとは別に衝動買いしたスピーカーがあったりするんですが(ナイショ)、納期1ヶ月過ぎてまだもう1ヶ月かかる見込みです(!)別に高価なものではなかったはずなんですが、結果的に一生ものになりそうな予感。音質うんぬんじゃないです。届いたら紹介しますね。私も非常に楽しみです。

次回はアンプ編です。
連続して書くときついので、とびとびでゆきます。

コメント

No title

私は最近のKEFです。
非公開コメント

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5
Nmode X-DP10

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002J+
MEG ME25
LE8T + SANSUI SP-50
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード