回転もの

YouTubeってやっぱり面白いですよね。
今回は皿回しの話。

 80年代初頭に登場したスクラッチという新しい音楽表現のカタチ。創始者はGrand Master Flashです。
 映画「Wild Style」から貴重な黎明期のスクラッチ映像をご覧いただきましょう。



 その技術は80年代後半に向かってどんどん高度化してゆきます。(いきなり飛ばし気味w)
80年代後半に早切り(クロスフェーダーを高速移動、もしくはトランスフォーマー)スクラッチで話題となったヒップホップグループにDJ JAZZY JEFF & FRESH PRINCEという連中がいました。
(このFRESH PRINCEって実はウィル・スミスのことだったりします。この事実は最近まで記憶の中でつながってませんでした。)
 この早切りスクラッチJAZZY JEFFさん、ずっと忘れていたんですがYouTubeでたまたま遭遇。やっぱりオリジネーターって違います。推定年齢は40代後半くらい? ポールマッカートニーが永遠のロッカーであるように、彼もまたハイテンションで突っ走ると思われます。
 ともかく、映像を見てみましょう。




 どうでした?すでについて来れていない人多数?気にせず突っ走ります。
 ちなみにレコードを一回も交換せずにDJプレイしてますが、これはSerato Scratchというアナログ入力、PC再生するデジタルDJシステム。ネットサーフィンしているわけではありませんw
 そして、90年代に突入するとニュースターが西海岸から登場! ターンテーブリストという名前が登場します。その代表的な人物がQ Bertです。お気に入りの2クリップ紹介。
 1991年のDJチャンピオンシップの映像と貴重なテレビ出演映像です。




 この人、MacのCMにも出てたことありました。
 テレビ映像に写っているグループの中にMix Master Mikeがいますね。ビースティー・ボーイズのサポートメンバーとしても有名です。

 既について来れていない人多数? 最近アナログカートリッジを買う楽しみを発見しつつあって、回帰記念です(笑)といっても、今回買おうしているものは擦っちゃだめです。一瞬でお釈迦になりますw

コメント

おー、カッコイイです!
DJコンテストの技披露はともかく、ダンスミュージックにはまっている僕には、クラブでのライブシーンは、どストライクです(笑

ピュアにオーディオばかりやってると、ついていけない人もいるんですかね。もったいないことです(黒笑

少し上の世代がロックの進化と同世代。自分の世代はHIPHOP、TECHNO、ダンスミュージックの進化と同世代。
どちらも血が騒ぐという意味では全く同列だと思ってます。

自分の場合はこの手の文化も好きだし、ロックも好きだし、クラシック、JAZZもイケるわけで、これが私のfreestyleなバンドルの所以だったりもします。

ところで、YouTube貼り付けるとブログを起こすのが重くて。
なかなか一度ムービー上げるのは辛いですね。
今度はテクノ編もやりたいと思ってます。
非公開コメント

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5
Nmode X-DP10

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002J+
MEG ME25
LE8T + SANSUI SP-50
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード