聴き専PCの検証 マザーボード

もっとも聴き専PCの運命を左右して、意外に情報がないマザーボード選び。
ここ数カ月、実験を兼ねて数枚を試して比較的良いものに当たりました。
Intel DG41TXです。

 そもそも低価格にロースペックというテーマで開始。CPUにPentium Dual coreを選択しました。新品で手に入るCPUで最安値。LGA775は消えゆくフォーマットということで安い。
 数枚試したマザーは旧型のPentium用のものも含まれますが、共通してPC再生でよくある音質パターンはハイ上がりで金属っぽく、それでいてボーカルなどの中域はどこか濁ってしまっているものです。殆ど同じ傾向を示すようです。この高域強調な感じが音楽ソースと偶然マッチすると高解像度系と勘違いしそうな気配も感じます。ただこのチューニングでバイオリンの高域を聴くとかなり金属っぽさが出てしまう。スイッチング電源の影響もありますが、それよりCPUやメモリなど半導体チップが自ら発しているノイズの影響が大きいと思われます。

 意外に知られていないと思いますが、通常のCDPやDAコンバータの内部でも大量のコンデンサでこれを吸収するような仕組みが設けられています。ICチップなどのサンプル回路では電源入り口にコンデンサの表記があるのは決まり事です。PCでも同様に沢山のコンデンサが導入されていますが、オーディオ用途にはまだ不足しているということなのでしょう。
 今回選択したIntelのマザーには電解コンデンサ等が多めに実装されていますが、意外にも導電性コンデンサが少なくその多くはルビコンのPC用のもの。ただ数がやや多め。そしてマザー周辺の電源関連と思われる部分でかなり大きめの容量の電解が実装されています。で、なぜこのマザーを選択したかなんですが…、半分以上「勘」ですw
チップセットに乗った大型のヒートシンク。それかもしれませんねー。インテルのマザーというと安定志向。マザー上の波形もひげが少ないのではと思いましたが、それが的中したことになります。もちろん、マザー選びはスペックや仕様で選ぶ正攻法が正しいと思うので、今回はラッキーだったということになるかもしれません。

 他にはVGAがオンボードというところに視点を置いてみました。一般にはノイズを発するチップが少ない方がノイズ軽減には有利なはずです。アナログVGA出力をモニタに繋いでみましたが、表示がもたつくこともなくイマドキなPCです。そして驚いたのがアナログとは思えないほどの高品質表示。デジタル接続と殆ど遜色ありません。つまりそれほどノイズも少なく波形が奇麗ということでしょうか。

 試聴をするときはまずサウンドデバイスのみで、ノイズ対策グッズなしで行います。ここで大筋が分かります。この聴き分けには少々経験がいるかもしれません。このインテルのマザーの場合は、この時点で他と明らかに違う傾向を感じました。当然ですが、素で使って音の良いマザーは皆無です。ここから対策を行ってどれくらいの伸び率があるか推測するわけです。一つ言えるのは、上記のように高域キンキン型はかなり見込み薄みたいですね…。

 というわけで、このマザーは安いしかなり良いみたいです。但し、より沢山の数を試聴してゆけばもっと音の良いものも見つかる可能性はありますので。この記事執筆時の感想ということでお願いします。実はもう少し検証を進めてゆく予定もあるので、「別のこっちのマザーの方が良かった」という話もあると思います。

 PC製品のサイクルは非常に短く、その時点で良いものを選択してゆく姿勢で良いと思います。来年にはこのマザーも入手できなくなっているでしょうし、またもっと良いマザーが登場しているかもしれません。

(良いマザーにめぐり合うためにはやっぱり複数枚を購入して聴き比べの必要があるかも…。安くはないのかもしれませんね…)

コメント

えーっ、そのようなことをされていたんですかっ!本当に驚きです。
ファンレスのPCで好さげなものがあれば再生専用にどうかな~なんて思っています インテルのマザーというのが1つの視点になればわかりやすくていいんですけどネ~ェ(^^;そして専門の業者さんに頼んでOSコンに換装してもらうとか…
(最近PCファンの音が気になる時があるものですから)
(製作中のラインアイソレターですが、未だにDACが信号を受信してくれません。諦めモードです m(_ _)m

OSコンは確かに高周波に有効なんですけど、オーディオ用途で必ず良いという保証もないですし、交換で不安定になる場合もあり得ます。それは経験済みです。
要は発振しやすいんですね。

ファンレスは確かに有効だと思います。ただ自作ではハードル高いですから、そねさんだったらオリオスペックあたりで特注してみてはいかがですか?40万位らしいですよw 泥沼にならずに済みます。自分は金額的に絶対無理ですけど。

アイソレーター基板は自分も持ってますが、面倒で手をつけていません。動作異常のときは地道に対策してゆくしかないようです。うまく動くといいですね。

実は自分もIntelのAtomマザーに手を出そうとしてたんですよ。
LGA775マザーですかぁ。
発熱がちょっと気になるので敬遠していたですが、再検が必要ですね。

数枚購入して比較試聴ですか。自分で試さないといいものには
辿り着けないとは分かっていながらなかなか手を出せないでいます。

高域の金属音は、、、よくうちで感じてました。
前に使っていたDACだと更に酷かったし、いまのFF400も付属のAC電源を
そのまま使っていた頃は酷かったです。
と言う事は今使っているPCはイマイチなのかも。
最近ソフト側を更に切り詰めたらちょっと金属音っぽさを感じるようになって
気にしていたのでタイムリーな話でした。

タイガーさん
Atomも最初検討していたのですけど、しょうがないですがやっぱり動作が遅い。試しにこのDual-Coreにしてみたら、全然速いんで選択は正しかったと思っています。
発熱ありますが、全然大したことはなくリテールのファンでこそ低速回転。ファン交換もして殆ど無音です。


ushiさん
金属音は他のマザーに比べると格段に少ない気がしますが、このマザーを使って対策してもまだ完全に抑え込めていない気がしています。PCオーディオの最初のハードルであり、最後まで課題となるテーマなのかもしれません。
非公開コメント

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
Nmode X-DP10
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002A
MEG ME25
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード