聴き専PCの検証 ATX電源

ちょっとシリーズ化してますが、特に意味はないです。たまたまここ数カ月やっていたので、覚書。

今回はATX電源です。多分、製品で違うんだろうなと思っていたら、案の定。
数社の製品を試してみましたが、みんな違います。中には相性問題で立ち上がらないものまで。未だにあるんですよね。やっぱり安価なものは似たり寄ったりで、全体に曇った音で高域はザラザラ。立体感に乏しくシンバルはザクザクいってます。No PCIなどの音質改善グッズでかなり改善されますが、やはり限界がある模様。

そんな中、最初に出会ったのがAntec CP-850。Antecケース専用、規格外のでかい本体がそそります。
とり変えた瞬間、こんなにも違うものかと。一気に見晴らしがよくなる。ちょっとびっくり。
大喜びでこの電源を基準にマザーボードの選別を始めたのですが…
様子がおかしい。結局、メーカーサポートに1ヶ月もいったきりに。

その期間中、とりあえずの電源で持たせていたのですがやっぱり耐えられず、えるえむさんもご推薦のSS-650KMを入手しました。高いんですよね。で、まずパッケージを開けてびっくり。

Pouch1_DSCF2727.jpg

思わずハイエンドのフォノアンプかと思いましたw 程度の良いきんちゃく袋入りです。
商品詳細はこちら

重心の低さは850ですが、高域のすっきり感はこちら。値段ほどの違いがあるかといえば微妙かもしれませんが、このハイエンドぶりは一度手にすると中毒します。
そして驚きは、微塵もファンが回転しないこと!!故障しているわけではありません。消費電力が小さいとファンが回転しない仕組みなんです。今回のような聴き専マシンでは一度もファンが回りません。これは凄いです。
これは間違いなく、PC電源の王様でしょう。80Plus Goldは伊達ではない!


というわけで、今回は良い電源を使いましょうということでした。
メーカーの完成パソコンでこのクラスを載せているものはまずないでしょうから、このあたりが自作の醍醐味となるでしょうか。

コメント

非公開コメント

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5
Nmode X-DP10

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002J+
MEG ME25
LE8T + SANSUI SP-50
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード