Tube Bufferエージングとそれからの話

自作簡易DAC(これはEmisukeさんのDAC Eight、 Wolfsonチップ)の出力でTube Bufferのチェック。
解像度とかリアリティという点では明らかにdc1.0より劣るものの、やさしい雰囲気が良くて朝の4時くらいまで堪能してしまいました。

ただ聴いていて、ピアノのピークで歪む。ソースのCDの録音、プレスの時点で歪んでいるか、再生機器のどこかで歪んでいるわけで、早速調査。dc1.0をTube Bufferに繋いで同じソースを聴いてみても歪まなかった。つまり、DAC Eightが歪んでいるらしい。

このDAC、改造に改造を重ねて現在に至っています。やって駄目だったりして戻した経歴もあり、アナログ系のコンデンサ、抵抗は殆ど付け直しになっています。
やりすぎたせいで、基板パターンはあちこち危うい状況になっています。切れたパターンはリードで繋ぎなおし、殆どブラックジャックの大手術を受けたあとみたい。テスター片手に基板裏をもう一度眺めて悩むことしばらく。
デジタル入力のノイズキャンセルに470pFのセラミックコンデンサをつけていたのを思い出しました。これは以前にKenwoodのCDP改造したときに取り外したコンデンサをリサイクルしたもの。水晶発振器付近についていたもので、いわゆる茶色のおせんべい型、懐かしいタイプです。

何気にコレを手持ち品に交換してみることにしました。
1.1000pFのマイラーコンデンサ (千石で購入、Toshin?)
2.470pFの積層セラミック (Digi-keyで購入、Vishayブランドの汎用品)

マイラーコンデンサは一昔前のオーディオ機器で使われていたようです。特性が中途半端なのか、最近の機器ではあまり採用されていない?みたいな様子。音はやさしい感じで少々鮮度が落ちた印象。でもピアノのピークの歪みは取れました!
積層セラミックに交換してみたところ、いきなり鮮度がアップ。でも少々イタイ音です。のちにエージングでやさしくなる可能性があるので数日様子をみることにしました。

結果として歪みはとれたしS/Nも増したのだけど、おせんべい型コンデンサが発していた独特ないい感じが消えてしまいました。残念ながら、戻したくても取り外し時に事故で崩壊しました(泣)ので元に戻れません。

このちょっとしたpF単位のパーツ交換で音が変わるわけで、デジタルケーブルの交換でも音が変化することが容易に想像できます。特にこのDACは入力をDAIで受けてそのままD/Aするタイプ。入力に非常に繊細です。

肝心のTube Bufferの方は、エージングが進んでだいぶ落ち着いてきた様子です。テーマである適度に緩い「真空管らしい音」はほぼ実現できつつも、エージングとともに微妙にもっこり度が気になり始めました。心情的には治したいかなと思いつつ、悩むところです。
コレくらいの変化はインターコネクトで簡単に変わりそうな程度なので、いっちょカスタムでインターコネクトを作って終了という手も、ありかもしれません。


以上、12月31日時点までのお話でした。
現在、九州へ帰省中。しばらくマイシステムとはお別れです。

コメント

非公開コメント

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5
Nmode X-DP10

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002J+
MEG ME25
LE8T + SANSUI SP-50
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード