SGDDS邸訪問記 in 九州

この度、九州へ帰省した折にSGDDSさんのお宅へ訪問しました。
SGDDSさんとはネットを介してお知り合いになったのですが、たまたま私の実家とご近所だったことがご縁となりました。いつかお邪魔しようと計画していてこの度やっと実現しました。

待ち合わせ場所で合流した後、SGDDSさんが試聴機の引き取りに向かうということでまずMAXオーディオへ向かいました。MAXオーディオは九州では超有名なハイエンドショップ。私の実家からも徒歩圏内にお店があり、私にとっては20数年ぶりにお店に伺いました。14~5歳の頃にオーディオテクニカのカートリッジをここで購入しましたが、大人の世界を垣間見たようで相当ビビッた覚えがあります。
(今やその大人の一人となってしまいましたが・・・)

試聴機の準備をしていただいている間に、お店の奥の試聴室にてしばらく待機。凄いシステムがそこにありました。Octave Jubilee PreampとSoulution 710 Power Amplifier。
出てきた音はこれぞ高級オーディオというようなゆったりしたサウンド。正直、B&W 802Dからこんな音が聴けるなんて意外でした。しっかりとしたパワーアンプの駆動力に支えられて余裕の風格。オーディオとはこうあるべきと言わんばかりのサウンドです。うちのちょっとばかり研ぎ澄まされ(過ぎ)た音とは傾向の違う音。耳に当たるような嫌な音は一切しない、高いってこういうことなんだなとまざまざと見せ付けられた感のある音でした。

(ところで試聴機とは・・・?)

準備が出来たとのことで、お店を後にしてSGDDS邸へ向かいました。(途中、地元の発展ぶりを紹介していただいた上に、更にお昼もご馳走になってしまい申し訳ございませんでした。感謝です)
いつも「○○邸訪問」などと書いていて、例えばうちなんか借家マンションでどこか微妙なものを感じていたりしていましたが、今回は本当に「邸宅」の言葉にふさわしい(笑)。
SGDDSさんは大のホームシアターファン。お部屋はおよそ14畳のリビング兼オーディオルームで広々としています。雑誌の取材もうけたことがあるとか。オーディオシステムの上部にはスクリーンが格納されており、100インチクラスのスクリーンが!

SGDDSさんのシステム
http://community.phileweb.com/mypage/1613/

シアター中心システムなのにフロントにはB&W N802、McintoshのパワーアンプMC252!SGDDSさんはマッキントッシュ好きで昔からご愛用だとか。本当は現代的なマッキントッシュの音ではなく、昔ながらガッツのあるサウンドに惹かれるとのこと。全く同感です。
まずは私の持参CDから試聴させていただきました。僅かに中高音に「突っ張り」のようなものが感じられるものの、そこはマッキン、N802なんですね。懐が深いというか、余裕の貫禄。このあたりの感じは下位システムではどんなにアクセサリーで頑張っても出てこない印象です。パワーのあるアンプと素直に反応する重量級ハイエンドスピーカーのみが実現できる世界です。中高音の突っ張りのようなものはAVプリアンプ(Integra)が原因の可能性があり、その音質についてはSGDDSさんも最近気になる点だとのこと。
このマッキンとB&Wの組合せは正直想像しづらかったのですが、このクラスになってくると如何様にもうまく鳴ってしまうのが羨ましかったです。

次にブルーレイのソフトウェアを鑑賞させていただきました。プロジェクターは最近導入したばかりというVictor DLA-HD750!
試聴ソフトは「ダークナイト」「オペラ座の怪人」。黒の階調性は文句なし。正に映画館ですね。家庭でここまでの画質が鑑賞できるとは全く驚きです。サウンドも迫力満点。映画鑑賞としてこんな立派なフロントの音をご家庭で聴いたのは初めてじゃないでしょうか。特に低音の迫力は満点でした。

ここで一度中断して、注目の試聴機を導入!その試聴機とは・・・DENON AVP-A1HD。現在世の中にある国産AVプリのフラッグシップです。
接続を終えてまずはCDを試聴。やっぱり違いました。これはピュアの音です。非常に透明度が高く、高域のシンバルの表現も非常に丁寧です。純度がアップし、ベールが一枚剥がれたようです。その一方、僅かに腰高になったところも感じられました。しかしこの程度であればアクセサリー等の調整でなんともなりそうな印象です。正直、Integraではマッキン、N802を従えての音楽鑑賞には少々思うところがありましたが、DENONでしたらピュア用途でも十分に鑑賞に堪えるクオリティのように感じました。唯一ピュア専用のプリとの違いといえば、音作りが比較的ストレートに感じられるところでしょうか。でもこれは映画などAV用途に適した音づくりといえると思います。

そして再びブルーレイで同じソフトを試聴。さきほど少し気になった奥行き感の問題が解消されて自然に空間が広がる印象です。やっぱり価格差なんでしょうか。SGDDSさんも細かい音が前より多く聴こえるとの感想。しかし今購入に踏み切るかどうかは悩むとのお話でした。それは陳腐化しやすいAVアンプの世界。選択が非常に難しいのは全くその通りだと思います。

日頃の鑑賞は映画が中心ということで、その用途には十分すぎるほどの環境だと思います。立派なホームシアターがご家族やご親戚の間でも評判で正月には鑑賞会が行われるとか。羨ましい限りです。
ご家族の方にも温かく迎えていただいた上、美味しい焼酎などもご馳走いただき本当にありがとうございました。何から何までお世話になりっぱなしでした。楽しいひとときをありがとうございました。

コメント

No title

おっと、九州オフですか。しかもなかなか良かった模様。
今度、詳細お聞かせください。

ちなみに、こちらは、ご存知でしょうが、昨日は「若松河田の清水ダイバー」ことそねさんのところで、飲み会。。。もといオフでした。
コーヒーさんにお借りした大蛇君を後ろ髪引かれながら、お返ししたのですが、今朝気づくと、新たな大蛇がいました(^^;

はい、そねさんから強奪。。。もといお借りしてきましたDREAMです。

この場を借りて、THANKSです > そねさん

。。。と、全く関係ないレスですねorz
まあ、とにかく今年もよろしくお付き合いくださいませ♪

ありがとうございました

先日は拙宅を訪問していただき、ありがとうございました。

本格的に訪問していただいたのは初めてで、しかも「phileweb コミュ」で有名人のfreestyle様とあって、実はかなり内心ドキドキで胃薬を飲んで臨みました。

何せ機器を置いて繋いだだけ、何の努力もしていないので、「どんな音に聞こえるんだろう?」と思っていましたから。

サスガに指摘が具体的で、たいへん勉強になりました。
私の駄耳では、とても到達できない領域です。
またアドバイスもいただき、感謝!感謝!感謝!です。

機器の入れ替えが一番確実でしょうが、すぐにはムリなので、ご指摘いただいた「中高音の突っ張り」を少しでも和らげるため、とりあえずプリ→パワー間(フロントとセンター)のケーブルを交換してみたいと考えています。

XLRケーブルで何か適当なものはありますでしょうか?
オススメのHarmonixは予算的にちとキツイ感じで、あのような機器の配置なので、フロントもしくはセンターどちらかに長さが2.5~3m程必要なため、その長さのあるものしか選択できません。
XLRがムリならばRCAでも結構です。
SAECの方も同時に捜してみます。

こちらこそ

tockyさん
今年もよろしくお願いします。
そねさんのところのオフ会にも参加したかったです。
DREAMですか。いいすね。このところのハイエンドケーブルの出入りは羨ましいです。今度インプレを教えてください。


SGDDSさん
オフ会記って難しく、余計なツッコミばかりになりがちです。文章で書くと程度が微細なレベルなのか、致命的なのか良く分かりません。でも記事にする以上は気になったポイントがあらば書くことになります。「突っ張り」のようなものは微量ですし、ベルデンのケーブルの特徴が出ているだけかもしれないと思いました。

安価で音の良いXLRケーブルの選択は難しいですが、最近聞いたケーブルで比較的良かったのは、オヤイデのACROSS900でしょうか。もう少し繊細さがあってもいいかなと思いますが、価格(18800円/m)に対しては情報量は十分すぎると思います。低音の安定感が魅力です。

ニュートラル路線では、チクマのXLR-TRLCも良かったです。低音は控えめになりますが、自然に空間が広がる印象です。こちらは14500円/mみたいです。

他には三菱電線BL-1もありますが、評価が少々割れているみたいです。やさしい音調です。自分も使ったことがありますが、うちのシステムには少し違ったみたいです。24000円/mです。

引き回しが悪いですが、ACROSSを無難にイチオシとしておきます。オンラインショップで長さが指定できます。

助かります

早速のアドバイス、ありがとうございました。
資金調達ができ次第、購入してみたいと思います。

またご指導ください。
非公開コメント

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
Nmode X-DP10
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002A
MEG ME25
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード