nuvotemのトランスよ、おい!

まだまだ続くルビジウム用自作電源のはなし。

テンポラリーで使用中のnuvotemのトランス。なんだか気になって色々調べたらある事実が発覚。
試しに電源プラグを逆にさして、シャーシ電位を調べた。

むむ、逆に差した方が低い・・・

接続はデータシート通り、間違っていない。つまりデータシートが適当?
着脱式なので簡単に極性反転ができるのは正解でした。

修正後、しばらく通電したらちょっといい感じが見え隠れし始めました。
低域から高域まで全体域に渡る見通しの良さが・・・、もうちょいっ。
プライトロンが到着して更に良好に変化すると最高なんですが。

ところで、オーディオ機器の極性っていいますが、一体何?
それは電源トランスの一次側の巻線の巻き始めがニュートラルに接続されるとシャーシ電位が下がり、理想に近づくというのがその意味らしい。正にインピーダンスの関係から来るものなのでしょうけど、たったそれだけのことなんですね。

インレットはフルテックロジウムに交換してみました。コイツは過去にDACで使った経験から劇薬として隔離していたものなんですけど、デジタル機器の場合は思ったよりじんわりと変化する程度でした。

後日記:エージングが進んできたら、劇薬ぶりが発揮。やっぱりタップにしか使えないのかなあ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5
Nmode X-DP10

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002J+
MEG ME25
LE8T + SANSUI SP-50
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード