書斎サーバーマシンで撃沈

Squeezeboxサーバーと兼用となっている書斎部屋メインマシン。基本コンセプトはあまりオーディオしないこと…
変換が速い、Photoshopが使えるとか… そんなマシンでした。

消費電力がそこそこあるのでサーバーマシンとして使うのは気が引ける。非力なマシンだとSqueeze Serverが遅い。う~ん、前のSqueeze専用として別途入手したEpsonマシンではやはりレスポンスの問題が…

そんな数年来の悩みにこんな記事。
省電力PCはこう作る!省電力PC作例集(Intel CPU編)
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20110917/sp_saiten0.html


うおー、そろそろSandy Bridgeね。こりゃいいかもしれない。アイドル時24W。これならパワーと省エネを兼務できる!
盛り上がって気がつくとPC一台組み上がってましたw 最近、欲望に勝てない。
(ただ後で落ち着いて考えるとMac Miniで良かったかも…泣)

このマシンは書斎BGM用サブマシンだったりもするので、パーツはオーディオ的に良かったSeasonicの電源を始め、オーディオ的にもいけてそうなバーツにしてみました。
マザーは ASUS P8H67-I REV3.0、CPUはCore i5。
Mini ITXで小型にしてみたい衝動にも駆られチョイス。

DSCN1441.jpg
DSCN1407.jpg

普通のATX電源が使えるケースということでAbeeを選択。殆ど中はATX電源が占めてます。ケーブルもまとめるとぶっといです。音楽データ用HDDは本来外付けかとも思いましたが、以前に引き続きお手軽に内蔵です。
起動ディスクはSSDですね。

インストールも問題なく終わり、早速iTunesでBGM再生と思いきや、なんか変。
サブでお気に入りのONKYO SE-U55SXがブチブチ…
レコードのスクラッチノイズのようなプチプチ音がずっと聞こえます。音自体はスッキリして以前より改善がみられるのですが、惜しい!USBの差し口を変えるものの、改善されず。USBオーディオってこういうのあるんですよね。
ネットで検索したら、古いONKYO製のUSBオーディオで多発する傾向があるらしい。
とはいえ、まだそんな古くないぞ!

Windows Updateかけたり色々してみるが、治らない。
ネットからの情報によると、USB経由のジッターでプツプツいうことがあるらしい。


・対策その1
ジッターと戦う

ralhub02top.jpg

オーディオ用USBタイミングコレクター RAL-HUB02

以前からずっと興味があったブツですね。入れたら、一発解決!…はしませんでした。
より鮮明にプツプツいっているような気がするw
想像ほど音は変わりませんでした。やや音が中央に集まる感じがあるので、位相のばらけが治る方向みたいではあるみたいですが。変化があまりなかったということは元のマザーが優秀なのか?でもプチプチ。何が優秀なのかさっぱり分かりません。


・対策その2
やっぱりUSBは外付けカードじゃないと!

大型の静音ヒートシンクが干渉するせいで拡張カードの選別に苦労しました。おまけにMini ITXを選んじゃったもんだから、PCIeが一個しかない。しかも対応品はUSB3.0のみ。悩んだ末、無難なものがよさげと選んだのがこれ。

photo2.jpg

IFC-PCIE2U3

早速つないでPlay! ぶつ、ぶつ、ぶつ、ぶつ… 撃沈。
ミュートしまくりで音になりませんw さすがにUSB1.0の互換はないのか(涙


で、もう一度落ちついて考えると、まだやっていないことが。
オンボードのUSB3.0に差してないじゃん!
すっかり忘れておりました。

差してみると…プツプツ言わない。今までのはなんだったんだー。
ただこの時点ではなんか音が固い感じで、通常のUSBポートに差した音の方が好みでした。数日のエージングをガマンしたところ、今は可もなく不可もなく鳴っています。

う~ん、久々ハマりました。なんでもそうですが、安物ははっきりいってハマります。
でも、このONKYOのSE-U55SXの音が好きなんだから仕方ない。
このインターフェースの不思議なところは、デジタル出力しているのにオーディオっぽい甘ーい音がするところ。
サブシステムにはうってつけ。

ところで、肝心の省エネ効果ですが、

DSCN1404.jpg

音楽再生中でこんなものです。素晴らしい。アイドリング中は27Wでした。


以上、つまんない記事すみませんでした!




コメント

PC自作には作業時間だけで丸24時間はかかります

気が付けばPC1台完成だなんて 凄すぎます!「私用にも組んで下さい!」
とっとっと、その前にまずはお礼をば 先日はとっても楽しかったです ありがとうございました(これは、前の日記へのレスであるべきか:^^
freestyle様の趣味嗜好とかぶらないような楽曲をチョイスしてみたつもりでしたが…なかもりあきなさんとかたなかりかさんとかじゅりからんさんとか いかがでしたでしょうか~

最近のマイ電源はパーツのストックと使い回し部品にチョットした追加で出来上がります SSDに入れる5Vを製作中ですが10cm四方・厚さ3mmのアルミ板ではアッチッチ 放熱不足ということで今日は同サイズの銅板買いました~ 重い!(これで足りるかな~:
ついでに色んなコンデンサ追加で徹底的にノイズを押さえこんでみようかと レイアウト段階で既に良い音しそうな予感が(いつものことですが…m(_ _)m
でも 気が付いたら出来ているなんてことはありませんデス



No title

そねさん、こんばんは。先日はありがとうございました。

このPCはたいしたことしてません。というか、最近はそこにエネルギーを注入するのに疲れました。いくつか自作してみて思うのはリニア電源でもそれはそれで色がつきやすく、無色なものを作るのは結構難しいです。Seasonicの電源なら、下手なリニア電源より良いかもしれないですね。
本腰入れるなら、予算と体力をインターフェースの方に入れてからじゃないかと思っています。箱もの回帰です。

そねさんチョイスよかったです。まずクラシック。
さすが分かっている人の選択は違いますね。思わず聞き込んでしまいます。
それから、樹里からんさんの歌唱力はなかなかですね。スタンダードのカバーも素晴らしいですが、オリジナル曲もやってくれると嬉しいですね。
他も色々堪能させていただいてます。ありがとうございます。

電源の発熱の件、色々やっていて分かったのですが、ドロップ電圧を高くしすぎるとろくなことがないようです。耳で聴いても分かるんですが、かえってレギュレーション能力が落ちるみたいなので要注意ですよ。

こんばんは

ドロップ電圧が高過ぎると駄目ですか、これは素的な情報ありがとうございます
リップルの改善と発熱はトレードオフとおもってましたが総合力という観点が必要なんですネ

アッチッチの電源はバックアップ用のHDDのために一度壊してパーツ取した12V電源を再作成したものです エージングを兼ねてアダプターの代りにmini-itxのatomのPCに入れてみたものですが かなりの酷使になるようです 出音は好くなったように思い入れてますけど 部品が熱で劣化しては意味がないのでそろそろ止めにします

とある実験をしてみたくて 12V200mA弱と5Vの電源を製作予定です
1つは柴崎先生の推奨パーツで電源フィルターを作るとどんな出音になるか いま1つは これも柴崎先生からみですがUSBケーブルのバスパワー電源ケーブルを遮断して外から機器側のusbプラグに入れている電源をリニヤー電源に換えるとどうなるか デス   それらの前にまずPCのSSD用の5Vを作らないと  いづれもドロップアウト電圧をギリ+α水準に狙ってみます(実はギリ狙いでトランス電圧とバランス的によいレギュレータLT3080と基板を入手済みです;^^)

電源1つとってもまあきりがですねないですね  CDPって本当に良くできているんだな~と思う昨今ですが せめて肉薄したいですネ

非公開コメント

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
Nmode X-DP10
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002A
MEG ME25
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード