BuffaloのCat.7 その後

エージングでいい感じになってきました。パソコンブランドで過去最高の完成度。
オーディオブランドのものはオカルトチックなものも多いので、それらに対しては十分な優位性がありますね。

せっかくなので、3製品をピックアップしてレビューしてみましょう。

1. プラネックス CNT7-01-BK
ちょっと荒めの表現もありますが、メリハリ感が良くかなり愛用してきました。
コスト的にも長く引き回す時には最適かもしれません。
ジャズ向きです。抜けの良さが魅力。低音の迫力が好きですね。
やっぱり捨てきれない魅力のある1本だと思います。

2. 某社オーディオグレード
入手当時は革命的だったと思います。確かに背景は静か。荒っぽさも最小。
PCOCC-Aのメリットは良く分からないが、効いてるのかもと思いました。今聴くと、ちょっと平面的なのが残念。奥行き感が浅い。良く言えば重心低め、引き換えに手前に音が出て来ない。

3. iBUFFALO Cat.7 BSLS7NU10BL
聴感上のノイズレベルが低く、歪みのなさが魅力。エージング前は中域の抜けが悪くてどうかと思いますが、3日目くらいからスッキリと音が立体的に変化してきます。
ボーカルはしっとりとして良いです。弱点は他のBuffaloのケーブルもそうですが、低音の押しが今一歩なところ。他に欠点が少ない故、惜しいところです。



追記:
うちの場合、低音重視のオーディオグレードとHIT-100でジョイントしたら、完璧に近いバランスになりました。
環境で違うとは思いますが、なかなか使い勝手の良いケーブルと思います。

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
Nmode X-DP10
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002A
MEG ME25
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード