PerfectWave Power Plant 5 導入その後

結果からいうと、大成功でした。ただ、ちょっと色々試行錯誤が発生しました。

まず、関西の電源の素性についてw。
スペックの上でも比率が半分近くと、都会に住んでいる割にはとても優秀。その音質は当方のところで感じる範囲では、低音に重心を置いた力強い音。若干、高域に荒っぽいところがあるがそのままでも気になるレベルでもない。対して関東は力感が低く、全体にキレがない感じがした気がします。

このPPP5を挟むと、関西の優秀な電源環境でもその上が更にあったんだと気付かされます。低音型、場合によってはややダーク系に偏りがちだったバランスが、光が当たったように明るめのサウンドに変化します。その分、残響も伸びるようになります。この感じ、関東で苦労してノイズ対策して到達したサウンドと似通った方向にも感じます。

PPP5を通さない環境ではカナレケーブルを結構愛用していました。このケーブルの良いところは、広くプロ用途として使われているように、素の電源環境とのマッチングがとれている点だと思います。高域は丁寧な表現になるし、すこしスリムな低音は力感のある電源環境とでバランスがとれてきます。これだけでも十分完結できそう。

そこで電源にPPP5を投入すると、今度はカナレのやや細身なエネルギーバランスがクリアになってくる印象。更には元々それほど解像感のあるケーブルでもない(ある意味そこが良い)ところが見えてきます。
ここで、VOVOX sonorus direct S XLRなど投入すると、ピタリとハマりました。とても素直で繊細なケーブルです。以前はちょっと高域に単線っぽい荒さが出てましたが、PPP5投入後は全く感じられません。

以上のように、電源環境でインターコネクトのケーブルの表情も結構変わってきます。合わないといってすぐに売却せず、しばらく寝かしておくのもひとつの選択のようです。

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
Nmode X-DP10
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002A
MEG ME25
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード