その後のレビュー Tangband編

エージングでやっと少しずつこなれて来た気がします。
シンプルな構成だけに、インターコネクトの音をそのまま反映してしまう様子。おまけで付けていただいたビンテージ線とモガミのRCAケーブルのセットでは、中高域の飛びが凄まじい。ギターとボーカルは規格外と言える生々しさ。スピーカーの前にぽっかりと浮かぶ感じです。その代わり、低音楽器はタイトでちょっと置いてけぼりを食った感じで引っ込んだ印象があります。これはこれでとても面白いのですが、聴き疲れがするとも。また小音量に絞ったときにバランスが今ひとつ。結局、モガミをカナレに変更して落ち着いた感じでしょうか。

このエンクロージャーは箱鳴りがかなりして、これは設計者の意図なのだと思います。この箱鳴り感がビンテージ感を演出しているようで、古いJAZZやボーカルものとマッチして独特のぬくもり感を生み出しているようです。
ローズマリー・クルーニーの歌声は過去の再生環境の中で最強!これは高級機器ほど苦手とするw音源のように思います。ある意味分析的になりすぎると録音の悪さが先に聞こえてしまうということでしょうか。

ムジークの隣に置いて使用しているのですが、どうしても比較したくなりますよね。ムジークはlab.gruppenのデジタルアンプで駆動中。この新旧の比較は結構面白いというか、複雑なものでした。

どちらも箱鳴りを生かしたスピーカー。傾向はとても似通っています。総合力ではムジークが優位なことは明らかですが、高域方向の魔力はTangbandでしょうか。ぬるい系なのに飛びが良いという複雑さ。ギターのピッキングなどはリアルに飛び出して来ます。このあたり、ムジークも負けていないのですが、まとまりが良い分丸くおさまって聞こえます。あとはアンプの構成上、ムジークの方が圧倒的に低音が出ますね。Tangbandの方もシングルアンプでなく、プッシュプルのアンプを繋げばそれなり出てくるとは思われますが、やさしく駆動してみたいものです。

この環境になってみて少し考えてしまったのは、結果として同じ傾向のスピーカーを二つ並べてしまったことw
自分という人間が好みで揃えてゆけば、似通ってゆくのは当然の結果といえばそれまでですが…


プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
Nmode X-DP10
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002A
MEG ME25
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード