AET SCR EVO

10cm単位で切り売り購入可能なSCR EVOをクロック周り等に導入しました。
もちろん自作なんですけど、旧型SCRの経験を元に全くの純正セットで製作。旧型からの変更点を幾つかまとめてみます。

1.ケーブル全体がやや太くなった。SFチューブの上からIECのケーブル止めゴムが通らない。
完成品の写真を見るとやっぱり上から熱収縮チューブがかけてあるように見えるが・・・未確認。

2.ケーブル構造の大きな変化として、スターカッド構成をやめたこと。ホットとコールドが2本ずつ組で巻いてある。これが音の太さの改善に繋がっているのか。

3.内部の介在物がグラスウールのような素材となっている。電磁波シールドもノイズビートテープのみだったのが、電磁波吸収体(炭素繊維?)が更に追加されてダブルシールドとなった。これはかなり効きそう。

4.プラグは従来のHRからGRへ変更。大幅コストアップ^^; HRよりGRの音質はやや腰高傾向であるので、ケーブル素材とのバランス関係を変更してきたようだ。

5.内部のケーブル止めラグも、オール金からロジウム、アースのみ金という構成に変更。(やっぱりコストアップ)


大雑把にまとめてもこれだけある。これは既に見た目が似ているというだけで別のケーブルに生まれ変わったような変化だ。純正セットで製作した結果は、やはり正解。帯域バランスのくずれも歪み感も少ないハイレベル。間違いなく切り売りケーブルではトップクラスの性能だと思う。
旧型タイプと比べてもスケールが一回り大きく感じられる。旧型をパワーアンプ系に使うと明らかにパワーダウンを感じたが、今度のはあまり感じないし積極的に利用していいかもしれない。
切り売りで必要な長さだけ自作するのがベスト。純正パーツはヤフオクのplatinum_coffeeさんから入手可能。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5
Nmode X-DP10

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002J+
MEG ME25
LE8T + SANSUI SP-50
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード