壁コンレビューその2

続きです。

Silver Referenceと来たら、Ver.2といきましょう。

SRJR.jpg

写真はJrと一緒です。全く見た目は同じですので。
これは聴いてなるほどーと思いました。オーディオ好きの皆さんの気持ちを鷲掴みする感じです(笑)。CCR-DXと質感は似ている気がします。ややハイが抑えめ、質感は銀というよりはロジウムっぽいです。高域に銀っぽいエッジの立った感じがわずかにありますが、ともかく美音系で、ややダーク系な音調です。レベルは非常に高いと思います。Jrの陽性と比べ陰性といった感じでしょうか。


次は、大穴、松下WN1101といきます。

WN1101.jpg

試聴記さんの隠れたお勧めということで。これは自前です。2つインレットを付けたかったんですが、渡り線を細いものを使うなどの配慮が必要みたいです。ちょっとやり方が思いつかなかったので、1つで試聴といきます。これについては新品なので、十分なエージングができないままの試聴となりますが、ご容赦ください。
音が出た瞬間、やるなーというのが第一印象。価格からするとこの素直さは十分過ぎる気がします。ただ少し気になったのは中高音に艶消しな感じがあること。エージングで解消されそうな感じではあります。この僅かな感じはWN1512Kにもあったので、その相乗効果があったのかもしれません。


そして、Hubbell 5362と続きます。

Hubbell5362.jpg

見た目はちょっとレトロな感じです。筺体が一回り大きくP,Nの取り付け穴間隔が普通の壁コンよりかなり離れています。ケーブルの皮むき部分が最小だったので、長さがギリギリで取り付けにやや苦労しました。音は低音方向へわずかに重心が下がる感じがありますが、全帯域について偏ったところがなく素直な傾向です。残念なのは、全帯域に渡って「艶消しな感じ」が感じられるところでしょうか。艶消しという表現は微妙ですが、言いかえると温度感が低めでフラットな感じ、奥行き方向が控えめな感じといったら良いでしょうか。
ただ非常に良いバランスであるのは確かで、聴きやすく耳に付くところがない。ロック系のソースは特に楽しく聴けました。


続けてHubbell 8300HIといきます。

Hubbell8300HI.jpg

これも評判通りですね。5362と比較すると艶っぽさが少し帰ってきた印象です。上から下までそつがない。これでいいじゃないかと思わせる自然さがあります。不満といったものを殆ど感じさせないですね。アメリカのスタジオ仕様というのはわかる気がしました。ただ少し聴きこむと僅かに重心がアップし、情報量がほんの少しだけセーブされた印象もあります。高域には嫌味ではないですが、わずかに真鍮ぽさが見え隠れしますね。しかしながら普段使いには何の不満もないような気がします。


まだまだ続きます。今のところ、個人的にはSilver Refernce Jr.の評価がダントツです。このあとどうなるか・・・。

コメント

No title

やはりシングルな方がいいですね。200V用を100Vに使用した所なかなかでした。プラの種類がないですが。
非公開コメント

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5
Nmode X-DP10

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002J+
MEG ME25
LE8T + SANSUI SP-50
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード