お待たせしました WTF13124WK

まずは外観から。

13124-2.jpg
まわりは例のコスモシリーズの枠です。

13124-1.jpg

このプラスチックの枠に取り付けるために、金属プレートがちらりと見えます。つまり完全非磁性かというとそうでもないようです。個人的には非磁性にそこまで拘りはないですが。

早速、13123との比較を行いました。

1.荒さが少なくなるのはすぐにわかりました。どちらかといえば、中域が濃い方向になります。
2.比較して初めて分かるのですが、13123は若干ハイ上がりな傾向があり、それが空間の演出だったり魅力の一つとなっているようです。また僅かに粗めの表現だったことが分かります。
3.それに対し、帯域のバランスが整い優秀な13124です。ストレートです。ただ人によっては地味系という表現される場合もあるかもしれません。


どちらもエージングが十分でないため、使い続けるとまた違ったバランスとなる可能性はあります。ただ両者とも今まで試聴したコンセントの中でもっとも素直な部類に入るのは間違いありません。

では一体どっちがいいんだ、と思っている人も多いでしょうね・・・。これは難しいです。13124の方が長く聴いて飽きが来にくいような気がします。でも、13123の高域のキラキラも魅力的ですねw

---
後日記:再度試聴レビューを後ほど公開します。ちょっと違う印象になりそうです。上記はタップに実装した場合のファーストインプレということでお願いいたします。

コメント

待ってましたっ!!

なるほど~。

近所のHCに行った時に、絶縁枠のものはWTF15024WKとかいうアースターミナル無しのダブルコンセントしか置いていなかったのですが、それも裏を見ると同様に、挟む為の金属部分がありましたので、その部分は同じかも。

音もやっぱり違うんですねぇ…φ(..)メモメモ。

という感じなんです

最初の第一印象はやっぱり近いよなーで始まったのですが、やっぱり違いました。
まあ、ここは両者とも安いわけですから2つ買って好きな方を使うというのがお勧めです。
13123も魅力的ですので、そちらがハマりであればそれでよしという感じがしました。

確かに~

高域、綺麗ですよね、13123。
ピアノの高域やシンバルなんかがいい感じです。
でもまあ、これも聴く人やシステムの組み合わせによってはキンつくとか刺激が強いと感じる人が居てもおかしくないかも。

全体に曇りや、もやといったものが減った所以か、中域は交換前と比べて明瞭ですが、やはりおっしゃるように、若干雑味といったものは感じます。どこかよく冷えたレタスを齧ってるかのようなシャキシャキした感じと言えばいいかもしれません。
鳴らし続けて、当初よりは、やや滑らかになってはきてるようです。

もうしばらくこのまま鳴らしてみて、他で弄って辻褄をあわせるか、コレ自体を交換するか考えたいと思います。
非公開コメント

プロフィール

freestyle

Author:freestyle
システム1号:
Esoteric K-03 → Nmode X-PM100 → B&W 804 Diamond PB

Logitech Squeezebox touch
Pioneer PL-70LⅡ
Phasemation EA-300
Technics SL-1200MK5

WE396A 自作真空管バッファアンプ

Antelope Isochrone Trinity

PS AUDIO PerfectWave Power Plant 5


システム2号:
Nmode X-DP10
FX AUDIO TUBE-01J LIMITED
FX AUDIO FX1002A
MEG ME25
Nmode X-DU1
Logitech Squeezebox touch


インターコネクト:
ORB RCA-AKIHABARA
mogami 2534

デジタルインターコネクト:
QED Performance Optical
QED Reference Optical Quartz

電源アクセサリー:
SWO-NT

ほか諸々



その他、自作品等
Emisuke DAC Five ver.3改, ほか。


たまに自作もする人。高級機種は知らないが、オーディオ経験値はそこそこ自慢出来ると自画自賛。アクセサリーの泥沼からもなんとか這い出し現在に至る。


基本的にリンクフリーです。
但し、当ブログ記事のWEBページ、印刷物等への無断転載を禁止します。
使用したい場合はまず当方へ一報いただき、承諾の後、当ブログのURL紹介、またはリンクを張っていただくことが条件となります。


ポリシーについて

基本的に自腹レビューです。メーカー等からレビューと引き換えに高額な試聴機を受け取ったりなどはございません。

あくまで個人的な主観によるレビュー等を展開してゆきます。趣味の範疇であるのが基本。ゆるーく行きますので、厳密なレビューになってないとか、ブラインドによるテストでないと意味が無いとか、母数が少ないので信憑性が薄いとか思われる方は別サイトへどうぞ。

オーディオグレードで高いから音が良いとか、そういうところに主軸は置きません。安くて気になるものが中心です。





オススメハブ



PCオーディオのお供


良質電源


長めのケーブルが欲しい時


ザッツバナナ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード